PC自作

嗚呼、哀愁の7700K(2/2)

さて、オーバークロックの結果です。

とりあえず、4800MHzで常用できるかどうかを確認するために、
ベンチマークを回してみることにします。

ここで復習ですが、
CPUのクロックを設定する際には、
ベースクロックと呼ばれる基本となっている周波数を変更する方法と、
CPUクロックを形成するための「クロック倍率」を調整する方法があります。

ベースクロックは定格が7700Kの場合100MHzです。
クロック倍率は定格で42倍、これで100✕42=4200MHzが
定格クロックということになります。
今回はベースクロックはいじらず、
もっぱら倍率のみいじることにします。

MAXIMUS VIII GENE(マザーボード)のデフォルトでは、
倍率は全コア45-45-45-45
となっています。

4545454567
これがそのときの結果です。
なお、4.20GHzと、画像では記載されていますが、
これは定格クロックを表記しているので、
実際は4.5GHzで動いています。

さて、先代6700Kの時はというと…
デフォルト(42-42-42-42)でCPU:839cb
クロックアップ(45-45-44-44)でCPU:935cb

周波数あたりの性能が落ちているのか?
そんなわけはないが…

で、今回のクロックアップ後(49-49-48-48)の成績
あ、今回はCPU-Zの画像もつけておきます。

49x
4949484880136v

前より悪いじゃん!!!

なんで、こんなことに…

おそらく推測するに、マザーボードは旧世代だし、
BIOSがこなれてないのかな…ということと、
前回はほとんど何も入れてない状態でのベンチマークテストだったのが、
今回はフルにソフトもインストールしていて、レジストリも汚れまくりの状態で
やっているので、まあ、その影響かと…思い込むことにしました。
でないと、6700Kは27000円で売れそうなので、差額13000円
ちょっとやってられんです…。

ただ、たったひとつの救いは、
オーバークロック時のベンチマークテストでも
79~80℃くらいまでしか温度が上がらなかったことです。

14nmプロセスの効果なのか、排熱効率がよくなったのか
(CPUファンの径が小さくなっているので、逆に冷却性能は悪化しているはずなんだけど…)
よくわかりませんが、まあ、前よりは熱のことを心配しなくて良い分だけ、
多少はよくなったのかもしれません。
それにしても、ちょっと出費とは釣り合わないが、
ま、それがPC自作ということで…。

そういうわけで、今回は時間もあまりとれず、自分の周囲の状況にも
あまり余裕がない状況なので、これで妥協することとします。

おそらく、次の世代ではチップセットも更新されるのでしょうけど、
とりあえず、今のセッティングで少し使ってみることにします。
(メモリのグレードアップもあるけど、効果はほんのわずかでしょうし)

なんだか、すっきりしない結末で、すみません…。

嗚呼、哀愁の7700K…(1/2)

さて、先週札幌で新世代CPUのCore i7-7700Kが、AMD Ryzenの影響で値崩れを起こしていたので購入した報告をしたところですが、
今週末は根室市内待機だったので、CPU交換をやってみました。

もう結論から申し上げますが、交換そのものは特に問題なくうまくいきましたが、
効果のほどは…ダメでした。

Img_3468_3

交換前の6700K。これから中古市場に出回ることになります。
本当にお疲れ様でした。
いいご主人様に恵まれますように!

Img_3471_3

そして、7700K

Img_3473

装着。
6700Kと7700Kは、ソケットおよび仕様に互換性があるので、
今使っているマザーボードにもそのまま着きます。
OSのクリーンインストールの必要もなく、
本当に付け替えるだけなのです。
なので、作業自体はそんなに問題になることはありません。

Img_3474

前回、電飾PCを作った際に、
グランド鎌クロスのファンの径が14cmというのに騙されて
RIING 14という14cm角の光るファンを買ったのですが、
なんとネジ穴が12cm角という罠。

…で、「タイエース」で固定していたのですが、
ドスパラでRIING 12という同じシリーズの12cm角のファンが安く売っていたので、
買ってしまいました。

見た目をよくしたいと思って光るファン買ったのに、さすがに「タイエース」は
見栄え悪すぎですので…(汗)

Img_3475

CPUが交換されたので、BIOSセットアップをやりなおせとの指示。
とくに問題になるところはないはずなので、
UEFIを開いて、ひととおり確認してOS起動。
これも問題なし。

Img_3477

さて、7700Kは定格クロックが4200MHzですが、
Turbo Boostを使うと、4500MHzまでアップします。
7700Kは4コアCPUですが、本来は4コア作動時には4300MHzで駆動する仕様のはずですが、
今使っている「MAXIMUS VIII GENE」というマザーボードは、
全コア4500MHzにデフォルトで設定されています。
要するに最初から軽くオーバークロックしているような仕様ということです。

いずれにしても、せっかくなのでオーバークロックを試してみます。
ASUSのOCツールの使い良さに慣れてしまったので、
もうこれ一択です。

Img_3481
100MHzずつアップして負荷をかけて問題ないか確認することを繰り返します。
5100MHzでの負荷をかけている途中にブルースクリーンとなりました。

結果、1-2-3-4コア作動時で
4900-4900-4800-4800MHzまでクロックアップできました。

先代の6700Kに比べて、温度の上がり方が緩やかだなと感じました。
もっとも、当代の7700Kは、OC時の温度が上がりやすいという評判なので、
ひょっとしたら、これまでのグリスの塗り方が悪かったとかあったのかもしれません。

Img_3482

電飾は相変わらずです。

(続く)

衝動買い…

…でもないですが


Ryzenの登場で随分値崩れしたので。

6700Kもソコソコの値段で売れそうなので、エイヤっと
買ってしまいました。

札幌ではツクモよりドスパラの方が少し安かったです。

来週末は根室で待機当番なので、CPU交換の予定が決定しました。
OC等のレポはまた。

MicroATXでSkylake機を組んでみた(5)~そして電飾へ~

このシリーズも今回で最後になりjました。
ここまでおつきあいいただき、ありがとうございます。

PCの自作をしたことがある人なら、
誰しもがどこかで見たことがあるであろう、
「電飾PC」にチャレンジしてみました。

Img_2672
まず、加工前。せっかく側面アクリル板にしても、
電飾しないなら宝の持ち腐れです。

一方で、今回のマザー Maximus VIII GENEは、
それなりに光るマザーボードのはずなのですが、
「グランド鎌クロス」3の大きさに阻まれて、何も見えない状況です。

Img_2804_2j
まずはお試し。磁石付きLEDストリップを
装着してみます。

Img_2805_2
写真ではよくわかりませんが、
この程度の明るさだと、アクリル板に付着したホコリが
非常によく見える明るさになります。

LEDそのものが窓から見えてしまいますと、
けっこう眩しくて周囲が死んでしまうので、
いかに光源を隠すかも重要です。
LEDそのものを見せたいのではなく、あくまでライトアップですからね。

Img_2813_2
ご覧の通りで、白色LEDだと、まあライトアップの役割は
ちゃんと果たしている反面、
中に蛍光灯と入れているようで、
実に味気がありません。

Img_2903_2
そこで、LEDのカラバリです。
白の他に、緑・赤・青があったので購入して、
それぞれ試してみましたが、
単色では緑が一番でした。

これ以上やるとすればファン交換ですが、
メインのCPUファンも「グランド鎌クロス3」の付属品で
それなりにいいものです。
なので、正直冷却性能を犠牲にしてまでCPUファンを光り物に変えるか否か…
迷いましたが、結局ファン交換をすることにしました。

CPUファンにはRIINGという、
ファンの周囲をリング状に光らせ、その色も256色に調整可能
自動ローテーションも可能という面白いファンを
たまたま安売りで入手しました。

リアファンも青い光り物に変えました。
フロントファンは、もともと光るファンでしたのでそのまま流用です。

そして、LEDストリップはせっかくなので、
青と赤を混合して、かっこいいマゼンタになるかなあと思ったら…

Img_3099

マゼンタどころか、どピンクになってしまいました。

これではまるで、ラブホテルの看板です。

でも、RIINGを使いますと…

動画では、CPUファンの色が少しずつ変わっていくのがわかると思います。

これによって周囲がどピンクでもそんなに気にならなくなりました。

また、LEDストリップを赤と青の2本にした影響で、
ライトアップの光が明るくなり、側面アクリル板のホコリが
目立ちにくくなったのは意外な効果でした。

ただ、残念だったのは、「グランド鎌クロス3」の付属ファンは14cm角ですが、
ネジ穴は12cm角相当で設計されていたのです。

それをちゃんとチェックしていなかったので、RIINGの14cm角を買ってしまいました。
だって、安かったので…(((^^;

今更RIINGの12cm角買うのもなんだし…(そもそも安売りでないとけっこう高いファンです)
しょうがないので
結局、「タイエース」でヒートスプレッダに固定するという荒業を使いました。
これも自作ならではのアイデアです。

電飾はもっと盛れば盛れたのでしょうが、
さすがにこれ以上やると本当にパチンコ屋の看板みたいになって、
下品になってしまいます。

そういうわけで、これをもってとりあえずの完成形ということにしました。

夜寝る前に電気を消すと、このライトアップが浮かび上がって、
究極の自己満足に浸れます。

誰に見せるでもなく、ただただ自分が楽しむ趣味ですが、
それでもよければぜひチャレンジしてみてください。
まさに自作PCでなければできない醍醐味ですので。

それでは、ここまで本当に長い間おつきあいいただきまして、
ありがとうございました。」
このネタはこれにて終了です。

それでは、また!

MicroATXでSkylake機を組んでみた(4) OC編

MicroATXSkylake機を組んでみた(4) ~OC記録~

 

前回の予告通り、電飾PCをお見せする前に
せっかくの最新(公開時点では型落ちになってしまいましたが)CPUである
Core i7-6700K
Z170チップセットの組み合わせですので、
OC
の記録は載せておきます。
とはいえ、ヘタレOCですが。

 

今回使用したCore i7-6700KというCPU
ベースクロック100MHzで、そのクロックの最大倍率を設定することによって
最大CPUクロックを設定することができます。

 

その倍率がデフォルトでは、
1コア作動時-2コア-3コア-4コアで
42✕
40✕40✕40✕
に設定されています。
つまり4.2GHz-4.0-4.0-4.0となるわけですが、
実は、42-42-41-40と誤解していました。

まあ結果は変わらないわけですが、

CINEBENCH
の結果より
CPU:839
 single core:169


今回のマザーであるMaximus VIII GENEは、
ちょっと他のマザーとは毛色が違っていて、
デフォルトで全コア4.2GHzで動くように設定されています。
最初から軽くOCしているという状態です。
その状態で、
CPU:868
(最高温度76℃(VCore 1.300V)

 

このマザーには”5-way optimization”という機能がついていて、
自動で最適OC設定をしてくれるという代物です。
最初はOCくらい自分で手動で設定した方が面白いにきまっている!
と思っていたのですが、実際に使ってみると、
いろんなOC設定の手間、特に電圧まわりの設定をけっこうがっちりやってくれるので、
最終的には手動設定をしないで終わってしまいました。

今もこの設定で常用しています。
温度的にはやや不安はありますが、
それほど負担のかかる動作をずっと長時間やっているわけでもないので
(今一番CPUに負担をかけている作業は
 TVキャプチャで録画したTV番組のDVD保存作業です)
倍率は 45-45-44-44 VCore 1.360V

CINEBEBCH CPU:935(最高温度84℃)、再試行942(最高温度82℃
でした。

 

ぼちぼちの結果です。
もちろん本格派のOCに比べたらお遊びみたいなものですが、
そもそも今回使用したケースで、冷却の工夫もなかなか
難しいような状況ですので、これでも大満足です。

 

次は、SSDのベンチマークです。

Ssd

爆速です。
NVMe
バンザイです。
世の中にはこれでRAID0を組んじゃう人もいると聞きますが、
さすがにもういいです。

 

このPCを組んで実用を初めて3ヶ月以上経過しますが、
全く速度面のイラツキはありません。

 

それでは、次こそライトアップ編です。

MicroATXでSkylake機を組んでみた(3)

今回の作業は11月23日に開始して、
最終的にすべての環境が整ったのが12月8日と、半月かかってしまいました。

Img_2388Img_2390
その間、PC本体を組む作業は、骨格部分に関しては初日のうちに終わりましたが
(グラフィックボードとTVキャプチャボード、光学ドライブ、HDDはあとで順次組み込んだ)
環境の移行に時間がかかってしまいました。

経過の中で問題になったことをいくつか。

・3.5インチHDDがグランド鎌クロス3と物理干渉した

Img_2397

 これは対応に難儀しましたが、
 最終的には本体横向きに配置するものを
 縦向きに固定したことで問題を解消しました。
 ただし、2箇所しかネジ止めできなかったので、
 HDDの寿命的にはあまりよろしくない可能性があります。

・当初購入した光学ドライブのスリムラインSATA変換ケーブルの長さが
 足りなかった

 これは後日、別な変換ケーブルを購入する必要がありました。
 ケーブルは札幌で購入したのですが、
 こういう時、釧路の「パソコン工房」がなくなってしまったのが
 実に残念に感じます。

ハード面で困ったのは以上です。
自作PC初めて8年経つのですが、
ケース内部の物理干渉で困ったことは初めてでした。
まあ、貴重な経験になりましたが。

・バックアップソフトとしてTrueImage 2017をインストールしたところ
 設定もしてないのにモバイルバックアップが動き出し、
 延々とCPU使用率を100%占領し、強制終了させない限りいつまでも終わらない。

 これはさすがにメーカーに相談しました。l
 モバイルバックアップを起動しないように設定するのと、あと情報提供も求められましたが、
 さすがに今まさに新PCの立ち上げ中なので、勘弁してもらいました。

・Daemon Toolが勝手に仮想BD-ROMドライブを4つもつくってわけがわからなくなる

 仮想ドライブ関連のアプリだったようですが、使わないので
 アンインストールしました。

・NikonのデジカメがUSBでつないでも認識されない

 これはドライバが入っていなかったせいのようで、
 http://bibo-kiroku.com/?p=127の方法で解決しました。
 これには正直参りました。この解決に2日くらいかかりました。
 まあ、全然「自作PC」とは関係ありませんが。

総体的にみると、比較的トラブルの少ない自作PC導入でした。
しかし、単身赴任中なので、仕事のほか、家事にとられる時間を
差し引いて寝る時間を削りながら作業をしていたこと、
すでに年齢のせいか、徹夜作業に耐えられる体力がなくなっていることから、
半月もかかってしまいました。

まあ、こんな人の自作PCの工程を見てもつまらないでしょうが、
一応自分の記録として残しました。

これで一応PCシステムとしては完成、なのですが

今回はせっかく側面アクリル板のケースを買ったので
ちょっといろいろ遊んでみようと思っています。

Img_2670

Img_2672

…というわけで、次回予告「そして電飾へ…」

(続く)

MicroATXでSkylake機を組んでみる(2)

では、さっそく今回の構成。

Img_2804_

CPU Core i7-6700K
マザーボード ASUS MAXIMUS VIII GENE
CPUファン サイズ グランド鎌クロス3
メモリ crucial CT2K8G4DFD8213[DDR4 PC4-17000 8GB 2枚組]
SSD Patriot PH480GPM280SSDR[480GB]
HDD MD04ACA400[4TB 7200rpm]
光学ドライブ PIONEER BDR-TD05(あるものを流用)
      スリムドライブ変換マウンタ HDM-10
      OWLBCPU031(スリムラインSATA変換ケーブル)
電源 玄人志向KRPW-GT600W/90+
グラフィックボード MSi GEFORCE GTX960 2GD5T OC
ケース Sharkoon SHA-MA-W1000

では、各パーツごとに,

・CPU Core i7-6700K 34480(価格.com最安(以下、最安)34679)

Img_2345Img_2348_2jpg

 i7-4771から買い換えるならこれしかないなと。
 出た当初は40000円を超える高値だったのですが、
 だいぶ値段が下がってきました。
 これもシステム更新を考える理由の大きなところでした。

 結果として、直後にKabylakeが出て、そのタイミングで
 旧世代PCは少し高くなってしまったので、
 底値で掴んだことになります。

・マザーボード ASUS MAXIMUS VIII GENE 19800(最安26712)

Img_2334Img_2338

 たまたま、札幌のツクモさんでCPUセット購入で5000円引きセールを
 やっていたこともあり、
 このクラスのマザーがこの値段で手に入るということで
 即決しました。

・CPUクーラー サイズ グランド鎌クロス 4980(最安4377)

Img_2365

 これはもうちょっと値切れたかなと反省。
 今回は選んだケースの関係で、サイドフローのCPUクーラーは
 難しそうだったので、トップフローを選択しました。

 ただ、これ、高さはないけど、幅がかなりデカいのです。
 そのため、あとで示しますが、ハードディスクのセッティングを変則的に
 しなければなりませんでした。
 一応、相性保証もつけていたのですが、
 デザイン自体は気に入っていましたし、とりあえず実用に困らないので
 そのまま使用を続けることにしました。

・メモリ crucial CT2K8G4DFD8213[DDR4 PC4-17000 8GB 2枚組] 7274(最安7855)

Img_2350

 DDR4メモリについての知識が全然なかったので、
 とりあえず店員さんの選択で、コスパのみで選びました。
 あと、大きなヒートスプレッダ付きのオーバークロックメモリだと、
 どうもCPUクーラーに干渉しそうだったので店員さんの選択に従いました。
 容量はとりあえず16GBにしましたが、今のところこれで不足するところはありません。

・SSD Patriot PH480GPM280SSDR[480GB] 27980(最安29800)

Img_2359

Img_2361
 SSDを新調するかは最後の最後まで迷いましたが、
 M.2 SSDやNVMe対応SSDが圧倒的に安くなってきたこともあり
 今後こちらのインターフェースがメインになってくるようなので
 思い切って買い替えました。
 当初はIntelのSSD 750を考えていたのですが、
 それと比べて遜色のない性能の上、
 日本ではまだ無名のメーカーであり、コスパが良好だったので、
 こちらを選びました。

・HDD MD04ACA400[4TB 7200rpm] 10980(最安11170)

 ゴリゴリと音がなり、ちょっとうるさいHDDですが、
 性能とコスパはなかなかに優秀です。
 札幌の自宅のPCにはこれの3TBを入れているのですが、
 今回は4TBの方が容量単価が安くなっていました。

・光学ドライブ PIONEER BDR-TD05[2.5インチスリムドライブ] 流用

 これだけはもともとのmini-ITXマシンから流用しました。
 実はその前に使っていたドライブが不具合を起こし、
 9月に買い替えたばかりでした。
 ただ、これをそのまま使用するために、
 スリムドライブ変換マウンタと、スリムラインSATA変換アダプタを
 購入する必要がありました。

・電源ユニット 玄人志向KRPW-GT600W/90+ 7888(最安8292)

Img_2376

 今回は電源付きケースの交換も伴うので、
 電源も新規に購入です。
 電源もよほどのことがない限りは
 通常売られているもので安定動作に支障があるわけではないので、
 変換効率とコスパと定格容量のみで選びました。

・グラフィックボード MSi GEFORCE GTX960 2GD5T OC 16480(最安25761)

Img_2407
 グラボ選びも迷ったところです。
 今現在、DP対応モニタは所有しておらず、
 とりあえず4Kも使う気が今のところないのですが、
 プロジェクタを使うためにモニタの接続し直しをしたくなかったので、
 HDMIが3系統必要でした。
 しかし、そもそもHDMIを3系統もつマザーボードは存在せず、
 2系統も特殊なものしかほとんどなく、
 (その前に使っていたGIGABYTE H87N-WIFIがその稀有な
  マザーボードでした)
 今回はグラフィックボードを購入することとしました。

 とはいえ、HDMIを2系統持つマザーボードは、
 現世代のGTX 1080、あるいはGT 730とか、
 高価・高性能なものと安価・エントリークラスのものに
 二極分化されていました。
 そこで、ちょっと割り切って、
 旧世代のミドルレンジGTX 960が特価で売られていたので
 これを購入しました。(さすがにGT 730は買いませんでした)
 HDMIは1系統しかなかったのですが、DVI-HDMI変換コネクタを
 もともと所有していたので、それを使用することで
 3系統同時表示を実現することができました。

・ケース Sharkoon SHA-MA-W1000 5480(Google検索での最安6607)

Img_2370

Img_2371

Img_2372

 側面アクリル板つきで光り物つきのMicroATXケースは
 これくらいしか見当たりませんでした。
 今回はやりませんが、将来的に電飾PCにしようと考えているので、
 とりあえず入手したというところです。

・キーボード、マウス、モニタ

 これはあるものを流用しています。

・TVキャプチャボード PIX-DT230-PE0

 これももともと札幌の自宅で使っていたものを流用しました。
 実はもともとI-O DATA社のGV-MVP/XS3を使用していたのですが、
 どうもユーティリティかドライバ、あるいは付属のDVDライターに
 問題があるようで、DVDを焼く際になかなか思う通り動いてくれず、
 まともにDVDにコピーできないことが多かったので、
 札幌の自宅で特に問題なく使えていたこちらのTVキャプチャを持ってきて
 使うことにしました。

(続く)

MicroATXでSkylake機を組んでみる(1)

再び、虫が疼き出した…と言いますか、
PCを新調しなければならない状況になったので、
Skylake PCを作ってみました。

Img_2810_2

Img_2825

その経緯です。
3年前に
http://drsammy.cocolog-nifty.com/otakudrummer/2013/12/mini-itxhaswell.html
でMini-ITX Haswell PCを作成し、職場用として使用していました。

ほとんど軽作業での使用だったので、Core i7-4771はややオーバースペックではありましたが、
プレゼンテーション用のパワーポイント資料の編集などの重めの作業をするときには
(とくに動画埋め込みとか大量の画像を扱う資料など)
さっと動いてくれて本当に重宝していました。

しかしながら、現在の私の職場は、自分のPCの持ち込みでの使用ができないので、
根室に単身赴任となって以来は
これを赴任先の住居でのメインPCとして使用していました。

ケース付属の電源が150Wと比較的このクラスにしては余裕があったはずなのですが、
ここ数ヶ月、アプリの起動時などの高負荷時にモニターの画面が突然何度もブラックアウトしたり、
ついにはPCが落ちることを何度も繰り返すようになってしまいました。

どうも、もともと余裕のない状況で使っていた電源がヘタってきたようです。
大体、こういう電源は24時間365日で動かすようにはなっていないのですが、
TVキャプチャボードを使用してアニメを大量に録画する関係上、
電源を全く切らない状況で使用していました。
一般にPC用電源の寿命は3~5年と言いますので、
おそらくそれがたたって、寿命が早く来てしまったのでしょう。

そこでPCの調整・パーツ交換と思ったのですが、
Mini-ITXならではの、PCI Expressの拡張性の限界であったり、
ケースの大きさから搭載できるCPUクーラーの性能に限界があったりと、
一台のPCで音楽聴いてビデオを裏で録画しながら別の番組やアニメDVDを見つつ、大量の写真の処理や、
車載動画のエンコーディング、講演用のスライドの作成を
同時進行でやるような使い方をしている私にとっては
「電源が貧弱」「拡張性が低すぎる」というのは非常に大きな問題でした。
(一方で、背面USBが充実していたり、マザーボードにWiFiやBluetoothが内蔵されていたり、
 オンボードでHDMI出力が2系統ついていたりと、
 Mini-ITXならではのいいこともあったのですが)

ここで思いつく選択肢としては、

1,省電力CPUへのダウングレード
 →お金のかからないやり方ではあるけど
  そのためにあえてシステム移行の手間をかける
  気にはならず…。

2,ケースと電源のみ交換
  単純にお金がかからないことだけを考えるなら
  これが一番よかったかもしれません。
  将来的なことを考えて、Micro-ATXケース+ATX電源という
  組み合わせでもよかったかもしれません。
  その中に今あるMini-ITXのマザーボードを入れても、別に何の問題もないわけで。
  と、ここで虫が疼いてきたわけです。

3,組み換え。Skylake導入
  PCとマザーボードを変えるだけという手もあるのですが、
  この2~3年で、メモリがDDR3→DDR4に世代交代してますし、
  SSDも、M.2という新たなインターフェースの導入や、
  NVMeといった、新世代の高速メディアも導入されていますし、
  CPUの世代交代を図るなら、
  光学ディスク以外全部交換ということになってしまいます。
  ただ、新世代のCPUもストレージも以前に比べ、かなり安くなってきて
  今(2016年11月当時)を逃すと、更に新世代が出てくると旧世代パーツが
  却って高くなってしまう現象もありますし、為替変動の影響も受けるので、
  このタイミングは難しかったりします。

 で、検討の結果、”順当に”3,を選択。
 最終的に、「何がしたいか」を優先しました。
  

さりとて組み直すといっても、
今、札幌の家に固定で置いてあるATXマシンと同じようなものを作るのでは
大体3年毎の転勤があるような今の私の状況ではさすがに運搬が大変なので、
MicroATXの中でも比較的コンパクトに、でもあえてロープロファイルは選ばない
という方針としました。
あと、自分の中では「電飾PC」「側面透明アクリル板」は譲れないところなので、
それも条件に入れました。

(続く)

Windows 8.1 → 10 人柱体験記

もうちょっと先にしようと思っていました。
無料アップデートの期限がリリース後1年間ということだったので、ぎりぎりまで様子を見ようと思っていたのですが、
ある日突然、夜これで寝ようと思った瞬間に手が滑ってアップデートのボタンをクリックしてしまったのが運の尽きでした。

まあ、結果的には8→8.1より数段楽だったのですが、一応人柱の役割くらいは果たそうと思います。

まず、アップデートの動作自体には全く問題はありませんでした。
8→8.1の時にとんでもない苦労をしたのですが、
それがなかっただけ今回はとても楽でした。

まずダメだろうと思っていた(本当は計画的に削除してからやろうと思っていた)
バックアップソフトやウイルス対策ソフトまでもそのまま引き継げたことはとてもデカイです。

まあ、8→8.1のアップデートでセキュリティシステムの大幅改変があったようで、
数々の不具合はそれが原因だったと思われることから、
Vista/7/8→10のアップデートはたぶん苦労すると思いますので、
クリーンインストールをするくらいの覚悟をしておいたほうがいいと思います。

さて、アップデートの動作自体は問題なかったのですが、
小さな不具合はいくつか。

まず、IMEの問題。
私はGoogle IMEを使っていて、8.1ではこれを既定にしていたのですが、
既定にならないため、いちいち起動のたびに設定をしなければならない問題に加え、
Windowsアプリで使えない問題も発覚(以前8でATOKでも同じ問題が発生し、それがきっかけでATOKの使用をやめました)。
巷ではマイクロソフトがGoogleを排除にかかっているという勘ぐりもあるようですが…

次にネットワークの問題。
家庭内LANでホームグループを組んでいて、メイン機をそのホストにしていたのですが、
そのメイン機をアップグレードしてから、なぜかその設定が中途半端に残ってしまい、
ログインもできなければ設定消去もできない状態になってしまいました。
どうも、サブ機に設定が半端に残っていたのが原因らしく、サブ機の電源をいったん落として、
メイン機を再起動すると設定消去ができたので、再度設定しなおしてことなきを得ました。
ホームグループの設定は引き継がれないので注意です。

次は各論的問題。

MediaEspresso 6.7がWindows10非対応のため、やむなく7にアップグレード。
これがないと一本数十分から一時間をこえるような車載動画のエンコードをしているので大変に困る。
1年間再ダウンロード権も含め、1890円+690円なり。
しょうがないこととはいえ、なんだか…。

同じく動画エンコードがらみで、
オンボードのインターフェースにモニターを接続しないと
Quick Sync Videoが使えない問題。
これはWindows8.1で、仮想モニターをIntel HD graphicsに接続したことにしてしまう設定をすることで
解決できたはずの問題なのですが、Windows10ではそれが何故かできなくなっているようです。
詳細はこちら(英語ですみません。日本語ではまだ報告がないようなのです)
私は最近デュアルモニタにしたので、片方をマザーボードに接続することで解決しましたが、
こちらでも記載されているように、シングルモニタの場合は、ひとつのモニタに2本のケーブルをつなぐ方法しかないようです。
(それが成功するかは試していないのでわかりません。)

まだまだいろいろあるかもしれませんが、今のところわかっているのはこれだけですので、
まずは適宜情報提供していきます。

※追記:IMEの問題については、こちらの方法 で、解決しました。

Devil's Canyon導入顛末記(おまけ)~旧パーツ売却

本日、札幌のソフマップさんで余ったバーツを売却してきました。

で、、、

CPU:Intel Core i7-3770K 18,000円(購入時32,800円)
SSD:Sumsung 840 EVO 128GB 3,000円×2(購入時9,000円×2)
MB:ASRock Z77 Pro 3 3,000円(購入時8,990円)
CPUクーラー:Owlteck 無双Ver.3 値段がつかず

SSDは、以前職場用Mini-ITXパソコンで使っていたものを換装したため
不要になったものです。

箱、付属品は全部そろえていたのですが、
ビニールの開け方が汚かったり、ホコリとりをちゃんとやっていなかったところで
いくぶん値が下がったのでしょうか…。

いずれにしろ、今回のPCアップデートで使ったお金のうち半分は回収しました。
47,760-27,000=20,760円

というわけで最新高性能のPCを2万円の出費で作れちゃうという
自作PCの利点を、今回はフルに生かさせてもらいました。
(ただし、手間を厭わずむしろ楽しめる人でないと大変ではありますが…)

また、2~3年後にCPUの性能向上を見計らって同じようなことを
やってみようとは思いますが、
そのときにはSSDやメモリも換装か…なんてことを考えると
今は、M.2製品を除けばSSDもさほどの飛躍的な性能アップはないので
今回は全く手を付けず…でしたが、次回のパーツ換装はさすがに
やや出費がかさむかもしれません。

最近は子供関係の出費がややかさみつつありますが、
それはもうしょうがないことなので、
自分の趣味は、家計と実益も考えつつ、ぼちぼちやりましょう…。(((^^;

より以前の記事一覧

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

コメントをいただいた皆様

他のアカウント