ご当地ネタ(網走)

インターナショナルオホーツクサイクリング2019参加記

オホーツク海沿岸地方の夏を彩る、
恒例のイベントとして今年で38回目となるこのイベントですが、
なんと、

今年度限りで終了することとなってしまいました。

元チャリダーの網走市民としては、この機を逃したらもう一生後悔する…というわけで、

最後のオホーツクサイクリングに参加してみました。

このサイクリングはダイエットの一環としても考えているので
モチベーションづくりは大事で
長距離サイクリングは利尻島一周に参加した7年前以来で、
前回は53kmを(雨のせいもありますが)ヒーコラ言いながら走っていたこともあり、
事前のトレーニングも必要です。
そしてせっかくなので、イベントが終わってもまたサイクリングイベントに出ることが
楽しみでもあり、トレーニングを続けるモチベーションになる…などといった
もっともらしい理由wをつけて買ったのが

Img_8698_20190714215001 Img_8699_20190714205701

MERIDAのRIDE 80です。

これは速く走るのには向かないのですが、エントリークラスのロードバイクで
長距離を安定して走れるということで、値段も見て決めました。
地元の自転車屋さんもとても親切にバックアップしてくれたので、
安心して乗ることができました。

コースはさすがに最初から100kmオーバーは無謀なので、

41kmの「メルヘンコース」を選択し、
速度も低速グループ(15km/h程度)に入れてもらいました。

…にしても、

Img_8700

雨です。

7年前に続いて、今回も雨です。

写真は「メルヘンコース」のスタート地点、「道の駅 流氷街道網走」ですが、
見て分かる通り、路面がwetです。

私の自転車はスリックタイヤなので、滑ります。危険です。

チャリダー復帰早々、過酷な状況となってしまいましたが、雨天決行ですので
予定通りのスタートです。

Okhotsk_cycling_2019

せっかくなので、自転車にGPSをくっつけてログをとってみました。

大きい画像なので、上のサムネイルをクリックして拡大して見てください。

Img_8704

休憩地点「道の駅 はなやか小清水」で配られた「インカのめざめ」のじゃがバターです。

これがあるからサイクリングイベントは、やめられないのです。

 

Photo_20190714211901

これも拡大しないとわかりませんが、
走行距離と標高のグラフです。
最高でも30mくらいで、全然起伏のない、楽なコースであったといえます。

Photo_20190714212001

こちらは走行距離と速度のグラフです。

おおよそ、設定ペースどおり15~20km/hで走っています。
後半、ペースの乱れがあったのは、
お子さんの後ろについて走っていたからです。
このイベントはレースではなく原則追い越し禁止のため、
ずっとお子さんの後ろについて走っていたのですが、
子供の走り方は急に加速したと思えばスタミナ切れをおこしてゆっくりになり、
また急に加速するといった感じなので、
こんな感じに不安定になってしまいます。

これは非常に体力を無駄に食う走り方なので、
遅くなったときに後ろから何台か追い抜きをかけてきたのに便乗して
私も抜かせてもらいました。

Img_8705 Img_8706

そんなわけで、無事完走しました。

心配された、雨による体力の消耗も
前日にmont-bell小清水店で入手したサイクルレインウェアのおかげで(高かった~)
避けることができ、悪コンディションの割には総じて楽なサイクリングでした。

昔は100kmを超えるような走行をしたあとは、
「あ~、しばらく自転車なんて見たくない」と言っていたものでしたが、

今回に関しては

「まだ、走り足りねぇ~~~」

というのが正直なところです。

完走証の右の写真は、ゴールでの昼食です。
豚汁、おにぎり、やきそば、そして、斜里特産の「にんじんジュース」、
それとコーヒー牛乳。

今回は本当に、地元の方の路傍からの応援もありがたかったですし、
手弁当で地元の商工会や女性会のみなさまがお膳立てをしていただいてこそのイベントです。

本当にありがとうございました。

あと、今日がゴスペルの発表だったにもかかわらず
快く参加を許してくれたうちの家族にも感謝です。

ほんとはもっと長く走りたいのですが、脚力が全然足りませんので、
イベントでより長距離のコースを選択すると時間切れになってしまいます。
まだまだトレーニングが必要です。

さあ、モチベーションを保つために、次のイベントを探さなきゃ!(^^;

桜桃の雫

Img_5657
ラノベ原作のアニメ「妹さえいればいい。」の8話に出てきた網走の地ビールです。
(原作には出てきません。大人の事情で出てくるお酒が変わっています)
網走に来たら絶対試すと決めていたのですが、案外時間がかかってしまいました。

不思議な味でした。ビールというには、あまりにもフルーティーすぎるお酒です。
好みは…分かれるかな。

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

コメントをいただいた皆様

他のアカウント