石狩

ラーメン(65) 麺や きよた(札幌市北区)

Evernote_camera_roll_20160214_14203

Photo
太平、国道231号から少し入ったところにあるラーメン屋さんです。

スープあっさり、麺硬め

写真の通り、おまけもついてきました。

麺とスープがしっかり合っていて、あっさり好きの私にとってもよかったです。

きよたらーめん 630円

★★★

ラーメン(64) 初代 札幌らーめん共和国店(札幌市中央区)

Dsc_2082

久々に「らーめん共和国」で新規開拓してみました。

「初代」さんの麺で、
塩スープに自信がありそうでしたので、
とんこつベースの「元塩」をいってみました。

麺そのものの仕込みがよくて、味もとんこつなのにさっぱりしていて
軽く食べられる感じでした。
チャーシューもよく煮込んであって、柔らかくて食べやすかったです。

スープは、「飲む」にはやや塩味が濃いかもしれません。
しかし、あくまで主役は麺ですので、そのバランスには
何の問題もなく、おいしくいただけました。

元塩ラーメン 800円
★★★

ラーメン激戦区の札幌でも充分生き残れる、
美味しいラーメンと思います。

札幌ステラプレイス展望台のトイレ

Dsc_2060_2

札幌駅JRタワーステラプレイスの38階展望台の男性用トイレです。

もちろん、普通に展望台からの眺めもよいのですが、
トイレのロケーションが素晴らしいのです。

隠れた名所と言ってもよいでしょう!

ラーメン(62) 三代目月見軒(北33条)本店(札幌市北区)

Dsc_2074
Dsc_2076
まだ、歯の調子が完全にはよくならないのですが、
多少は痛みに改善傾向がみられたので、
家内の紹介でここに来てみました。

ニンニクベースで、具はネギとキクラゲ、そしてトロトロのチャーシュー
とくにチャーシューは素晴らしい出来です。
あまり歯の使えない現状の私でもおいしくいただけました。

大盛りにしたのは、娘と分け合うためです。

普段なら大盛りも普通に食べられるのですが、
さすがに歯の調子も考慮し、娘と大盛りを分け合いました。

家内がしおラーメンを食べていたのですが、
少しいただいたところ、これがまたいい。
こんどはそちらを食べてレポートしようかと思っています。

あと、なんだかメニューを見ると、
姉妹店が2店舗あるのですが、
北郷にある同名の店は全くの無関係なのだそうです。

それ、わざわざなんで書くかなと思いましたが、
お家騒動やのれん争いでもあったのでしょうかね。

せっかくラーメンがおいしかったのに、
なんだか、気になってしまいます。

むしろそういうのを見ると、じゃあ北郷の方の味はどうなんだと
確認したくなってしまいますね。

ま、それは抜きにしても掛け値無しにおいしいラーメンではありました。

みそラーメン大盛り ¥800
★★★★

ラーメン(61) 魂(札幌市東区)

Dsc_2067_2

Dsc_2068
伏古10条の、国道274号沿いにあるラーメン屋さんです。

パンチと軽い唐辛子の効いた、美味しい味噌ラーメンでした。

自家製麺で、スープと麺の相性もよく、
これなら、言わずと知れたラーメン激戦区である札幌でも生き残っていけるかなと感じました。

また行きたいお店です。

魂味噌(たまみそ) 750円

★★★★

ラーメン(60) かどや食堂(当別町)

国道275号、道道81号の交点の角にある「かどや食堂」

よく通るのですが、なかなか入って食事をする機会がありませんでした。

今回、たまたま仕事帰りに国道275号を通っていたら、
このお店が目に入りました。

時間は夕方でしたが、ちょうど昼ごはんを食べそびれて空腹だったので、入ってみました。

お店の正面が駐車場なのですが、やや入りづらいです。

中に入って壁のメニューを見ると、ラーメンとカレーと、その他定食のお店のようです。

「カツラーメン」というのがひときわ目をひいたので、
これを頼んでみることにしました。

しかし、こういうラーメンでおいしいのに出会ったことがないので、
今回もまあ「賭け」でした。

Dsc_1745
さっそく「カツラーメン」が来ました。
本当にしょう油ラーメンの上にとんかつが乗っています。

Dsc_1746_2
麺は中太。歯ごたえのあって食べやすい麺でした。
黒っぽいと言って差し支えないほどの色の濃いスープ。

早速、上に乗っているとんかつを食べてみると、
ラーメンとの微妙な味のコントラストがよくきいていて、
決して「合わない」ということはないと思いました。

塩気は強めでパンチの意外にきいた、おいしいラーメンでした。

Dsc_1747_2
お金を払おうと思ってふとカウンターを見ると、
なんと懐かしい「ピンク電話」がありました。
お店の方の許可をいただいて撮影しました。

はるか昔、黒電話を置いていて、
「電話を貸して」と何故か、遠距離長時間通話をする人がいて困ったので、
仕方なく、このピンク電話に変えたそうです。

現在では、携帯電話の普及とともに「電話を貸してくれ」という人そのものが
少なくなったということでした。

カツラーメン ¥950
おいしい幸せ ★★★★☆

旧道路情報館の「いま」

札幌市南区の国道230号沿いにある、その昔「道路情報館」と呼ばれた施設。

「事業仕分け」の洗礼を受け、

今は、「豊滝除雪ステーション」として生まれ変わりました。

かつてアトラクションや貴重な道路関係の図書・資料のあったところは
今はもう立ち入りできません。

そこで、ちょっと窓からのぞいてみました。
「いま」と言いつつ、3年前の写真にて失礼します。

Nec_0362
机や棚が置きっぱなし。もったいない…

Nec_0363
ビデオ資料はそのまま残っていたようです。くれ!!!

温泉(58) ブルーホテルオクタ(札幌市中央区)

Nec_0355_2

もう、写真を見ての通りです。

この手の施設をとりあげるのはたぶん、初めてと思いますが、
札幌市中央区にある、貴重な温泉ですので、とりあげます。

当然のことながら、温泉は自分でお湯を入れなければならないので、
循環ろ過はできませんし、足し湯も自由自在です。

泉質は…まあ、こんなもんでしょう。

お手軽に、誰にも邪魔されずにプライベートに楽しめる温泉というわけで、
そうそう行けるわけでもありませんが、まあ、お気に入りではあります。

オクタ温泉

ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉(低張性弱アルカリ性低温泉)
泉温 33.5℃
成分総計 2.048g/kg

加温のみ。加水・消毒の記載なし。
当然ながら外来入浴は、やっておらず、休憩・宿泊料金はコースお部屋により様々。

ゆったり幸せ ★★★☆☆

新篠津村で逆向き「信号機あり」

Dsc_1558
久しぶりの逆向き「信号機あり」です。

新篠津村の道道139号江別奈井江線上で発見しました。

実はこのシリーズ、まだまだネタそのものはあるのですが、
首都高高島平ランプからの出口のところなど、
車を停めて撮影するのが大変に難しかったため、
やむなく撮影を断念したところもいくつかあります。

こちらはぼちぼちと見つけたら上げていますので、

またよろしくお願いいたします。

モエレ沼花火と札幌の底力、そして札幌以外の「北海道」

Dsc_1559
モエレ沼公園の花火大会を見に行ってきました。
とはいえ、チケットが必要であったことを直前まで知らず、
結局気づいた時には既に売り切れで入手できず。
近くから見ることとなりました。

これまで見た花火の中でも、最も美しいものでした。
威勢のよい、勢いのある花火大会ならあちこちにありますが、
こんなに芸術的に磨きぬかれた花火大会は経験したことがありません。

本当に、190万都市である札幌市の持つ、他の178市町村が束になっても敵わない底力を感じます。
そして、「札幌は『北海道』ではない」という思いを更に強くしました。

実は今の勤務先が、諸事情から岩見沢から滝川に変わり、
札幌から実に片道91kmの長距離通勤を余儀なくされています。

札幌目線で北海道全体にかかわる仕事をしてはいけないという信念は今も強く持っていますし、
自宅を札幌に持ちながら、北海道の地方の仕事をするという状況には
自分自身で大きな違和感(他県から通勤しているような感じ、と申しましょうか)を抱いておりますが、
とはいえ、北海道の政治・経済の中心が「札幌」であることを
疑う人・否定する人は誰もいないでしょう。

大事なことは、その違和感を忘れずに持ち続け、仕事の上で、北海道のまちづくりをしていく上で、
札幌でハンコ一つつけば地方は動くという感覚を自分の中に定着させてしまわないことと思っています。

今の自分の居住地である札幌を、決して嫌いなわけではありません。
自分が住んだ土地、仕事をした土地を嫌いになったことはないというのは今でも続いています。
しかし、「北海道」を扱う上で、「札幌市」と「それ以外」は明確に分けて考えないと、
いろいろな食い違いが起こるという感覚は心のどこかに持ち続けたいなと思っています。

より以前の記事一覧

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

コメントをいただいた皆様

他のアカウント