胆振

室蘭の町並み

先週末、所用で、室蘭に久しぶりに行ってきました。

Dsc_1001
一部マニアに余りに有名な建物。
お店はやってないけど、上に人が住んでいます。

かつて、地下にはディスコがあり、
室蘭の一大スポットであったやに、伺っています。

Dsc_1006
この建物を裏側から見たところです。現在でも周囲で最も高い
建築物であることがわかります。

Dsc_1086
どうやって、読むのだろう…。

室蘭駅周辺は、かなり味があるようです。

温泉(33) 白老温泉ホテル(白老町)

Nec_0147

札幌→苫小牧に移動する途中,ちょっと寄り道のつもりで
「苫小牧アルテン ゆのみの湯」に入っていこうと思ったら
なんと「緊急改装のため臨時休業」だったので,こちらに来ました.

実はここ,現在はホテルとしての営業をしておらず,
日帰り入浴のみ受け付けているのだそうです.

施設も老朽化が著しく,改築が予定されています.

そのため,不要となる機材があるのか,
Nec_0148
…のような掲示が脱衣室にあります.
ガチャポンやコインロッカーが健康機材かどうかといったツッコミはともかくとして,
全てを新しくやりなおすという状況なのでしょう.

温泉自体はモール温泉で,
内湯が入り口から向かって手前側の高温湯と,奥側の低温湯.

高温湯は44℃くらいに調節されていて,あつ湯好きの私には慣れると
気持ちよかったのですが,苦手な方にはかなり熱いと思います.
ただ,ここ,泉温が45.5℃なので,加温しない限りこのような温度にはならない
はずなのですが,脱衣室の掲示にはそういった掲示はないばかりか,
北海道指定の加水加温循環消毒に関する銀色のシールが貼られていなかったので,
なんとも判断しようがないというのが本当のところです.

奥には露天風呂がありますが,こちらはかなりぬるいです.
おそらく45℃のお湯を野外で加温加水することなくかけ流したら
このくらいの温度になるのかな…というくらいのものです.

ただ,お湯自体はなかなかのものです.
これだけいいお湯を使っているのだから加水加温うんぬんよりも
それだけのお湯を提供する努力を賞賛すべきかと思います.

それだけに表示の不足はやや残念でした.

また,浴室にはシャンプーやボディソープのたぐいの準備はないので,
各自準備が必要です.ここは要注意です.

ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉
泉温 45.5℃
pH 8.6
成分総計 0.890g/kg

まったり幸せ ★★★★☆

越波注意にびっくり!

道内だったと思いますが,どこにあったものか,すっかり忘れてしまいました.

PCに保存してあったログでは,国道36号または37号のどちらかと思います.200903261605000

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

コメントをいただいた皆様

他のアカウント