雑記

日高晤郎ショー、放送終了へ。

「日高晤郎ショー」が、今年度いっぱいで本当に幕を閉じることになりました。

子供のころから土曜日といえばこれ、で
ときに優しく、ときに痛快な語りに魅了され、
進学で北海道を離れ、また就職で北海道に戻ってきてからも
土曜日のドライブの友はこの番組でした。

STVホールでの公開生放送も2回ほど行きましたし、
この番組で紹介された「中国料理 布袋」「とんかつ家族」「かよさん」「なんでやねん」などの飲食店にはほぼハズレはなく、
家内がゴスペルシンガーNatsukiさんのもとで歌の勉強をさせてもらうきっかけになったのもこの番組でした。

土曜日、そこにあるのが当たり前で、終わるなどということを考えもしませんでした。

3年前に単身赴任するようになって、土曜日は娘の習い事などで忙しくなり、番組自体を聴くことがなくなっていたところ、昨年の3月24日、たまたまラジオをつけると

「俺を思い出して泣くのはやめて…」と悲痛な晤郎さんの声が聞こえてきた。

闘病中であったのは知っていたが、その頃は聴くことがあまりなくなっていたので、まさかここまでとは…。

結局それが、生放送で晤郎さんの声を聴いた最後になりました。

それから1年間、STVアナウンサー吉川典雄さんが志を引き継ぎ、晤郎ファンの居場所、そして心の整理をする時間を作ってくれました。

それが、この3月23日で、終わりを迎えることになりました。

STVラジオは、日高晤郎さんだけではなく、松山千春さんや、河村通夫さん、KANさんといったスターをこれまで育て上げてきました。

日高晤郎ショーだって、最初は新番組だったわけで、この時間をいつまでも思い出づくりの時間にしておくわけにはいきません。

STVはテレビもラジオもそうですが、ローカル番組の作り方が本当に上手な会社だと思います。

4月以降、この時間がどうなるのかまだわかりませんが(3月に入ってから発表になるそうです)、時間はかかってもまた新しいラジオスターを、STV、リスナーが中心になって1から育てなければならないのでしょう。

その意味でも次に始まる番組がまた、35年とは言わずとも、長く愛される良い番組であることを期待しています。新番組として始まらなければ、当然長寿番組になることも絶対にないわけですから。

とりあえず、最終回はホール公開となるそうなので、ダメ元で応募ハガキを送ってみることにします!

2018年も残すところあと1日となりました。

何もしない、

とにかく何もしない一年だった。

 

そもそも、何もしない一年にしようと決めていた。

 

これまでいろいろ慌ただしいことが何年も続いていたので、

今年は平穏を求め、何もしなかった。

 

結果、得られたのは暇ではなく、

時間を埋め尽くす膨大な日常の雑用だった。

 

今年の反省なんて何もない。

 

反省するようなことすらしてないからだ。

 

ただ、もういいかな。

来年はいろいろ、再起動しよう。

掛け算の順序問題

もう何十年も議論され、未だに結論の出ない問題ではありますが、
こちらを参照。

今回小2の娘がまさにそれでハマったので、ちょっとだけ触れることにします。

答案を晒すのはさすがにちょっとアレなので問題文。

5✕4のしきになるもんだいは、どちらですか。

(あ)、(い) からえらんで、記ごうで答えましょう。

(あ) ねこが5ひきいます。ねこには、足が4本ずつあります。足は、ぜんぶで何本ですか。
(い) 4人であそんでいます。カードを1人に5まいずつくばります。カードはぜんぶで何まいいりますか。

一般に小学校の算数では

(1つぶん)✕(いくつぶん)

で式を立てることとしているようです。

従って、答えは(い)、つまり(あ)は誤り、となるのですが、
娘の担任の先生はご丁寧にも
問題文の頭に丸をつけて「たいせつ!!」と書いているのです。

まあ、考え方にもよると思いますし、
ある意味確かに「たいせつ!!」ではあるので、そこを問題視するつもりはありません。

算数にしても数学にしても、
基本的には数式を他人にものを伝える手段とみなし
その「お作法」を教えているという側面があります。

ただ、その「お作法」が算数と数学では若干違ったり、
諸外国と違ったりしているらしいことも
(例えば仮分数と帯分数の使い分けとか)
混乱のもとにもなっているのですが、

私なら、
テストの点数で友達に勝ちたい、少しでも通信簿でいい評価がほしいならきちんと覚えたほうがいい、
中学受験とか超越した次元を目指すなら、「どうでもいい」
と教えますかね。

時々東京で地下鉄なんかに乗りますと、
小学生向けの塾の宣伝で、中学受験の算数の問題が書かれていたりしますが、
暇なのでそれを解くのはなかなか楽しいです。
大人でも結構たいへんですし、
そういう問題を解いていて感じるのは、
きちんと筋道立ててものごとを考える習慣がないと
こういう問題を解くのは無理だなということです。

逆にいえば、この問題が解けるだけの算数のセンスがあるなら、
小学校のテストごときで点数がとれなくとも、通信簿に悪意ある評価をされようとも
中学校・高校で十分逆転可能でしょう…。と

ただ、実際そこまでの能力を持っている人はごくわずかだからこそ
中学受験が大変なのであって、
そこを目指さないのであれば
教えられたことを教えられたままに理解する(ないしは理解したふりをする)ことは大切でしょう。

それは算数とか数学ではなく、「世渡り」の方法でもあります。

それと同時に疑うことも大切なので、
時々娘には大ぼらを吹いて、騙して遊んだりしています。
嘘と気づいて怒ったり、鋭いツッコミを入れてくる娘を見るのも
なかなかおもしろいものです。

異論は多々あると思いますが、
そもそも「きのこたけのこ論争」と同じで決着のついていない論争なので
そういう意見を聞くのも個人的には楽しいかなと思っています。

続・地域間格差と地域内格差論

前エントリー で、地域間格差論についてのブログ記載からいろいろ考えましたし、
ブログにもコメントをいただいて、そのやりとりの中で
少し頭の整理がついた気がします。

結局、件のブログ筆者は
「中学校に『底辺校』が存在する」とか、「自分の親が進学について知識を持たなかった」
「自分の周囲の人間の知的レベル、文化レベル」という、
それはそれで深刻かつ改善を要するであろう地域「内」格差を、

本屋や美術館が少ないとか、身近に大学や大学生を見ることがないとかいったことに関連付け、
無理やり地域「間」格差の問題に帰結しようとしたところが
文脈をおかしくして、書いていることに矛盾やこじつけを生じてしまった理由なのだろうと
思います。

冷静にそこを切り分けることができれば、
おそらく双方の問題それぞれに解決というか緩和への道筋ができるのかなと思いました。

物理的距離の問題、立地の問題、人口希薄地帯であることに起因する主要施設集約化の問題など、
確かに厳然と存在しますし、何度でもいいますが「釧路・根室は同じ北海道でも別世界」です。
ただ、そのような地域単独ではどうにもならない問題をどうにかしようとしてもこれは始まりませんし、
それならば、その環境の中で厳然と存在する進学への障壁や文化的隔絶性をどうするか、
考えていかなければならないというのが、釧路・根室に生まれ育った者の「業」みたいなものなのでしょう。

とはいえ、それに気づいている人は多くいますし、
そういう方々が声を上げ、地道に文化的活動をやっているのもまた事実で、
そこは比較的楽観的に私は考えています。

ただ、札幌や東京の方々には、
全道・全国一律の基準でいろいろやられると、
ちょっと困ってしまう地域もあるのだということ、
多少政策的に特別扱いしてもらわないと、
札幌・東京人と同じスタートラインに立つことの
難しい地域は実在するのだということは知ってほしいと思い前エントリーから続く
長文・駄文をアップした次第です。

一応、この話はこれで区切りとしたいと思います。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

田舎と都会の地域間格差について(今更ながら阿部幸大氏の文章を読んでの感想)

本当にお久しぶりになってしまいました。

さて、
「底辺校」出身の田舎者が、東大に入って絶望した理由
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/55353

という文章がいろいろな反響を読んでいます。

この文章が発表されてからずいぶん時間が経ってしまいましたが、

この文章を書いた阿部氏と同じ釧路出身者で、家の事情と地理的事情で進学を諦めかけたけれど
多くの幸運と複数の偶然に恵まれ高等教育を受ける機会が与えられた者として、
そして、釧路・根室が抱える潜在的な文化的隔絶性・他地域との格差の問題を
ずっと憂えてきて、今の進路を選んだのもそれが大きな理由の一つであった者としては、
さすがにコメントしなければいけないと感じて、今回の文章を書くことになりました。

長文になりますので結論を先に書きます。

この出鱈目な文脈と稚拙な例えを用いた文章のせいで、
本来きちんと議論されなければならない釧路根室の文化的閉鎖性や格差の問題が
歪んだ理解をされてしまうこと、
あまつさえ、
そんな格差は存在しないことにされてしまったり、
(札幌や東京から見た)遠隔地在住者の進学なんて今の社会では自己責任であり個人の問題、
という論を惹起してしまうことを強く危惧する。

これが結論です。

続きを読む "田舎と都会の地域間格差について(今更ながら阿部幸大氏の文章を読んでの感想)" »

桜桃の雫

Img_5657
ラノベ原作のアニメ「妹さえいればいい。」の8話に出てきた網走の地ビールです。
(原作には出てきません。大人の事情で出てくるお酒が変わっています)
網走に来たら絶対試すと決めていたのですが、案外時間がかかってしまいました。

不思議な味でした。ビールというには、あまりにもフルーティーすぎるお酒です。
好みは…分かれるかな。

【追悼】日高晤郎さん

突然のことでした。

4月3日、引っ越しの荷物送り出しのために戻っていた根室の喫茶店で、
昼食の注文を済ませ待っている間スマホをいじっていると、
ツイッターで「日高晤郎さん死去」とのツイートが数件あって、
え、これアンチのいたずらかなと思いながらSTVのサイトを確認してみました。

訃報…との題で、その事実が淡々と綴られていました。
土曜日にラジオをつけると、そこに当たり前にあった声がもう聴けない…
前々週の放送を聴いて、なんとなくこれで最後かな…と
そう感じていたにもかかわらず、いざそうなってみると実感が湧きませんでした。
いや、当たり前というのは語弊がありますね。
水道や郵便、私がかかわっている地域医療というジャンルもそうですが、
どこにでも、いつでもあるものというのは決して当たり前ではなく、
「当たり前」にあるようにするために、多くの人達の多大な努力が隠れていたはずです。

日高晤郎ショーとの出会いはもう30年前、中学校時代になります。
STVのヘビーリスナーだった友人に勧められて聴いたのが始まりです。
当然、午前中は授業があって聴けないので、学校から帰ったあと ラジオをつけてみると、
芸能界や世相を気持ちいいほどめった切りにしている すごい人がいる、というのが第一印象でした。

一番好きなコーナーは「芸能偏見株式市況」と「ランランタクシーリクエスト」でした。
当時、違った角度からラジオのタブーに挑戦していた、明石英一郎氏のラジオとともに、
すっかり虜になったものです。

しかし、晤郎さんの真骨頂はいわゆる「毒舌」ではなく、
芸にしろ、情報にしろ、「本物」を提供しようとするその姿勢であったと思います。

振り返ってみると、自分自身の人生にもずいぶん晤郎さんの影響を 多く受けているなと感じます。
学校のカラオケ大会で「つづれ織り」を歌ったり、
テレビの「日高晤郎のスーパーサンデー」に投稿が採用されて
(たしか成人式をテーマにした四字熟語の募集で、
成人映画にひっかけて「性人鋭牙」というネタだったと思います)
記念品のケトルをもらったり…

その後高校を卒業して進学のためにしばらく北海道を離れたのですが、
晤郎さんのラジオと、明石さんのラジオを育てた土壌であるということは
北海道に戻ってくる明確な動機づけの一つとなりました。

北海道に戻り、自分で札幌に行けるようになってからは
ホール公開で「揖保乃糸」や「二段熟カレー」をごちそうになったり、
「北の出会い」で紹介された飲食店を訪れたりしました。
とくに、「中国料理 布袋」は今でも行きつけの店になっていますし、
晤郎ショーで紹介されたお店にはハズレがないのです。

BGMの選び方も秀逸で、自分の結婚式のBGMは実は、
その殆どを日高晤郎ショーのBGMで固めてました。
(これを指摘してくれる人がいなかったのは残念でしたが…(汗))

家内と、札幌在住のゴスペルシンガーNatsukiさんを 出会わせてくれたのも晤郎ショーでした。
もともと私が回っていた各地で 合唱や歌の活動をさせてもらっていたのですが、
岩見沢そして札幌に住むようになって、なかなか現地の人達とのつながりがなく
そんな中晤郎さんのボイトレをしてくれているNatsukiさんというシンガーがいて、
こんどゴスペルワークショップをやるということで人を募集しているよと教えたところ、
家内が持ち前の積極性を発揮して応募したことをきっかけに
今ではすっかりNatsukiさんの弟子としていろいろ教えていただいている次第。

そんなわけで、夫婦ともども晤郎ショーにすっかりお世話になっていました。

あまりに毎週当たり前にようにあったために、ずっと続くと思っていました。
いつかは終わりが来る、当たり前のことなのに、唐突なお別れにいまだ戸惑っています。

しばらく「晤郎ロス」には悩まされそうですが、
「良く笑えた日はいい一日だ」を忘れず、
この北海道で楽しく生きていくことが一番の供養になるのかなと そう思っています。

大げさでなく、日高晤郎ショーは私の人生とともにありました。
本当にありがとうございました。

心よりご冥福を、お祈りいたします。

行くぜ、オホーツク!

オホーツクといっても、ロシアのハバロフスク地方、オホータ川の河口に位置する小さな港町に行くわけではございません。

北海道では、オホーツク海沿岸の網走・北見・紋別地方をまとめて、オホーツク地方と呼びます。
というわけで、この4月からは網走に行くことになりました。

紋別には1年間暮らしましたが、網走はあまり縁のある街ではなかったので、とても楽しみです。

根室には以前と合わせ、3年間、中標津も含めると根室管内には5年間暮らしましたが、それだけに愛着も深く、思い出深い街でした。

29694507_1679712578776635_908152646

写真は通勤途中に花咲小学校の前で撮影した、根室港と知床連山を望みつつ撮ったものです。

根室のみなさま、本当にお世話になりました。

ありがとう、根室!  さようなら、根室!

道東自動車道、由仁~十勝平原間は居眠りに注意!

道東自動車道で軽自動車に乗っていた親子3名が正面衝突で亡くなるという
大変痛ましい事故が起こってしまいました。

https://www.hokkaido-np.co.jp/article/155307

亡くなられた親子3人のご冥福をお祈りいたします。


暫定2車線のトンネル内のドライな路面で、一度壁側に寄ってから急に対向車線に
はみ出してきた状況を考えると、居眠りとしか思えません。


この道東自動車道の由仁~十勝平原間は、いつも単身赴任元への帰省のために
札幌~根室間を往復する私も「鬼門」ととらえていました。


なにしろ、事故の起こった由仁PA~占冠PA間は50km以上離れており、
眠くなったら、むかわ穂別ICか夕張ICで出るしかありません。
しかし、それをやると通行料が余計にかかってしまいます。
だからついつい我慢して頑張ってしまうのですが、
道東道の制限速度は時速70kmですので、単純計算でも
40分以上眠気に耐えて運転しなければなりません。


これが占冠PA~十勝平原SA間だと、58km離れているので
もっとひどいことになります。


せめてこの2区間は、間にトイレだけのものでいいから、PAを作らないと
今後も同様の事故が頻発してもおかしくありません。


この区間で死にたくなければ、トイレと休憩は早めに、
由仁PA・占冠PA・十勝平原SAでは、たとえ疲れていなくとも
必ず休憩をとるようにし、
それでもどうしても眠くなったら、出費覚悟で近くのICから出るべきです。


そして、この2区間の一日も早いPA増設を、切に希望します。

2017年もお世話になりました。

今年もあとわずかとなりました。

ブログのエントリーを見ますと、
温泉がちょっとと、ログ少し、そして音楽ネタ、自作電飾PCネタくらいでしたが、
実際の生活はそれなりに忙しくて
単身赴任らしく札幌と根室を往復する生活の中で、
やれることをやってきたという感じです。
一方で外出ネタが少なかったのは、
本当に札幌~根室間の往復と仕事の出張以外の外出が
ほとんどなかったからです。
そうは言っても、道路ネタも音楽ネタも温泉ネタもラーメンネタも
やめるつもりは全くないので、
またいずれどこかで復活と思いつつ、細々と続けています。
今年はやや消化不良気味ではありましたが、
来年はよりしっかりと自己満足できる年にしたいと思っています。
今年も
本ブログをお読みいただき、ありがとうございました。
それではみなさま、良いお年を!

より以前の記事一覧

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

コメントをいただいた皆様

他のアカウント