« 新年あけました。 | トップページ | 前のエントリー見たら、「ウンコ製造機」の話のあとに、カレーの写真が投稿されていた。 »

人柱レポート~おひとりさま用超高速弁当箱炊飯器~

皆様、ご無沙汰しております。

久しぶりのネタ投稿になります。

今回のお題はこちら。↓

Img_0131

0 .5合なら14分、1合なら17分でお米が炊けるという商品。
おもわずポチってしまってから1ヶ月半。ようやく届きました。

Img_0133
外観はこんな感じ。↑

Img_0132

お米と水を入れて、いざ、スイッチオン!

Img_0134

待つこと17分。炊けたようです。
保温機能まであるというのが驚きですが、
通常の炊飯器と違って、開けても内部温度が60℃以下に下がると
保温が働くので、開けるときは必ず電源を切ってくださいとのこと。
そして再度電源を入れると炊飯が始まってしまうので、それもダメ。
つまり、一回開けたらもうそこで使い切るしかない。
まあ、そういう仕様というか、用途のものなのでそれはそれでOK

Img_0135

今回は無洗米を使ったので、実際に中の目盛りに合わせて
水を入れると、少しベチャッとした仕上がりになってしまいました。
無洗米の場合は少し水少なめの方が良かったか…。

しかしながら、炊きたてですぐに食べてしまうことを考えると
十分美味しく炊きあがっているので、そこは多くは求めない。

Img_0136

「弁当箱炊飯器」なのでこんなこともできます。
ちょうど電子レンジ仕様レトルトカレーがあったので、
それをチンして(いまどき「チン」と鳴る電子レンジがあったら見てみたいものだが…)
ご飯にぶっかけて食べる。

食べた後は、電源接続部をゴム防水キャップで覆いさえすれば
丸洗いができるので手入れはとても楽。
ただし、蓋はプラスチック部と、金属部と、ゴムパッキンに分けて洗わないといけないので
そこだけはちょっと手間がかかるが、それほどというわけではない。

というわけで、ご飯が14分で炊けるというのは
最近時間に追われがちの私の生活が大きく変わりそうです。

値段も6,980円とお手頃なので、用途さえ合えばおすすめできます。
そんな感じの「レアモノレポート」でした。

« 新年あけました。 | トップページ | 前のエントリー見たら、「ウンコ製造機」の話のあとに、カレーの写真が投稿されていた。 »

雑多な小ネタ」カテゴリの記事

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新年あけました。 | トップページ | 前のエントリー見たら、「ウンコ製造機」の話のあとに、カレーの写真が投稿されていた。 »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

コメントをいただいた皆様

他のアカウント