« EPJOコンサート、無事終わりました。川口千里さん、そしてご来場の皆様、本当にありがとうございました。 | トップページ | MicroATXでSkylake機を組んでみた(4) OC編 »

MicroATXでSkylake機を組んでみた(3)

今回の作業は11月23日に開始して、
最終的にすべての環境が整ったのが12月8日と、半月かかってしまいました。

Img_2388Img_2390
その間、PC本体を組む作業は、骨格部分に関しては初日のうちに終わりましたが
(グラフィックボードとTVキャプチャボード、光学ドライブ、HDDはあとで順次組み込んだ)
環境の移行に時間がかかってしまいました。

経過の中で問題になったことをいくつか。

・3.5インチHDDがグランド鎌クロス3と物理干渉した

Img_2397

 これは対応に難儀しましたが、
 最終的には本体横向きに配置するものを
 縦向きに固定したことで問題を解消しました。
 ただし、2箇所しかネジ止めできなかったので、
 HDDの寿命的にはあまりよろしくない可能性があります。

・当初購入した光学ドライブのスリムラインSATA変換ケーブルの長さが
 足りなかった

 これは後日、別な変換ケーブルを購入する必要がありました。
 ケーブルは札幌で購入したのですが、
 こういう時、釧路の「パソコン工房」がなくなってしまったのが
 実に残念に感じます。

ハード面で困ったのは以上です。
自作PC初めて8年経つのですが、
ケース内部の物理干渉で困ったことは初めてでした。
まあ、貴重な経験になりましたが。

・バックアップソフトとしてTrueImage 2017をインストールしたところ
 設定もしてないのにモバイルバックアップが動き出し、
 延々とCPU使用率を100%占領し、強制終了させない限りいつまでも終わらない。

 これはさすがにメーカーに相談しました。l
 モバイルバックアップを起動しないように設定するのと、あと情報提供も求められましたが、
 さすがに今まさに新PCの立ち上げ中なので、勘弁してもらいました。

・Daemon Toolが勝手に仮想BD-ROMドライブを4つもつくってわけがわからなくなる

 仮想ドライブ関連のアプリだったようですが、使わないので
 アンインストールしました。

・NikonのデジカメがUSBでつないでも認識されない

 これはドライバが入っていなかったせいのようで、
 http://bibo-kiroku.com/?p=127の方法で解決しました。
 これには正直参りました。この解決に2日くらいかかりました。
 まあ、全然「自作PC」とは関係ありませんが。

総体的にみると、比較的トラブルの少ない自作PC導入でした。
しかし、単身赴任中なので、仕事のほか、家事にとられる時間を
差し引いて寝る時間を削りながら作業をしていたこと、
すでに年齢のせいか、徹夜作業に耐えられる体力がなくなっていることから、
半月もかかってしまいました。

まあ、こんな人の自作PCの工程を見てもつまらないでしょうが、
一応自分の記録として残しました。

これで一応PCシステムとしては完成、なのですが

今回はせっかく側面アクリル板のケースを買ったので
ちょっといろいろ遊んでみようと思っています。

Img_2670

Img_2672

…というわけで、次回予告「そして電飾へ…」

(続く)

« EPJOコンサート、無事終わりました。川口千里さん、そしてご来場の皆様、本当にありがとうございました。 | トップページ | MicroATXでSkylake機を組んでみた(4) OC編 »

PC自作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568188/64963181

この記事へのトラックバック一覧です: MicroATXでSkylake機を組んでみた(3):

« EPJOコンサート、無事終わりました。川口千里さん、そしてご来場の皆様、本当にありがとうございました。 | トップページ | MicroATXでSkylake機を組んでみた(4) OC編 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントをいただいた皆様

他のアカウント