« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

EPJOコンサート、無事終わりました。川口千里さん、そしてご来場の皆様、本当にありがとうございました。

おかげさまで、EPJOコンサート無事終了しました。

根室市総合文化会館の小ホールがほぼ満杯になるくらい来ていただいて、うしろの通路にはちらほら立っていた方もいらっしゃったようで、本当に本当にありがとうございます。

実は、一昨年のEPJOサマーコンサートは聞く方で、打ち上げ要員(笑)として参加していたのですが、その時も川口千里さんがゲストで、打ち上げで、こんどは一緒にやれたらいいですねなどと話をしていたのですが、こんなに早く叶うとは思いませんでした。

このタイミングで私が根室にいるのも奇跡ですが、その他いろいろな偶然、そしてメンバーの好意もあり、6年ぶりにビッグバンドのステージに立たせてもらいました。

正直、6年間のブランクというのは、ビッグバンドのドラムにとっては致命的とも言えるもので、グリップ力が全然ダメでよくスティックが手から抜けたり、叩きたい楽器のところに腕が行かないとか、テンポが全然キープできないとか、もうそういうところからの再スタートでした。週1回の練習では足りず、市内のライブハウスを格安で借りて練習したりとか、自分としても頑張ったつもりではいましたが、随分バンドの皆様にも迷惑をおかけしました。

そして今回、1部のドラムが通しで私が全部、2部が全曲川口千里さんという、とても光栄な状況で演奏させていただきました。(プレッシャーもすごかったですが…(^^;)

1部最後の4ビート版ルパン三世が終わった後に、千里さんから直接「ドラムソロよかったですよ~」と言ってもらえたときは、まあどこまで素直に受けていいかはともかくとして、全身の力が抜け、涙が出そうになりました。

2部の最後、”THE JAZZ POLICE”では、千里さんと、私も含めたパーカッション2人でかけあいのソロをさせてもらうというこれまた光栄なことで、本番中が本当に幸せな時間でした。

Img_3181_800x600

 

ちなみにこれは、根室のお菓子屋さん「詩菓家」さん製作の一品です。

 

お誕生日が1月8日なのでちょっと遅めではありますが、千里さんの20歳のお祝いのケーキです。

昨年、来根したときに流氷が見られなかったとのことで今年は「流氷リベンジ」と銘打ったコンサートだったのですが、結果としては残念ながら流氷は目にすることはできなかったようです。

 

ぜひ来年は流氷リベンジのリベンジといければいいなと思っています。

 

千里さん、はるばる根室まで、本当にありがとうございました。

 

そしてご来場いただいた皆様も本当にありがとうございました。

 

また来年も、よろしくお願いします!!


というわけで、セットリスト。

1部

BLUES FOR PAL(バンドのアルバム”The Jazz Songs for Nemuro”収載曲)、Autumn LeavesTHE LEGENDBoneheadSWEET MEMORIESSoftly & Kindly、ルパン三世(4ビート)

2部

 WALKIN’CuteJUST A PRETTY LITTLE THING、流氷(アルバム収載曲)、Delegatin’THE JAZZ POLICE

 

アンコール Blues On ParadeNimuoro Neina(アルバム収載曲)

 

 

なお、「アルバム」とは、

 

81qtbtmrqal_sl1500_1

これのことです。

このアルバムにももちろん、川口千里さんがフィーチャーされています。(私は残念ながら当時団員ではなかったので不参加です)

レコード屋さん等で見かけたらぜひ、1枚、よろしくお願いします!!

【告知】根室イーストポイントジャズオーケストラ、コンサート本日です。

リハーサルの反省会のやりすぎで、ちょっと頭の痛い朝です^^

Photo

本日がこれからまた通しリハがあるのですが、

前日から「手数姫」こと川口千里さんのドラミングを後ろから見て勉強できるという

大変な幸運をいただきました。



スティックをすごく長く持つことで、

小柄な女性特有の非力さをカバーしているのですね。

ただ、スティックを長く持つと、アタックが鋭くできる反面、

スティックコントロールはとても難しくなります。


いやもう、ただすごいの一言。

さすが「手数姫」!



本番は、1部が全曲私がドラムを担当し、

2部、その他が川口千里さんです。



すごいプレッシャーですが、

負けないようには絶対無理でも、

恥ずかしくないように頑張ります。


なにしろ、私自身こういった人前での演奏は3年ぶりで、

ビッグバンドの後ろでホールで演奏するのは

6年ぶりです。

その間、スティックを握っていなかったので、

バンドに復帰当初は(いや、今でも)ボロボロでした。

それじゃ、頑張ります!



午後6時会場、6時半開演ですが、

前売り券が300枚以上売れているので、

前売り券をお持ちでない方は、

立ち見になってしまう可能性が高そうです…。


場所は根室市総合文化会館小ホールです。

入場料は 大人1500円、中・高校生 750円です。



お近くの方はぜひ、お待ちしております!

MicroATXでSkylake機を組んでみる(2)

では、さっそく今回の構成。

Img_2804_

CPU Core i7-6700K
マザーボード ASUS MAXIMUS VIII GENE
CPUファン サイズ グランド鎌クロス3
メモリ crucial CT2K8G4DFD8213[DDR4 PC4-17000 8GB 2枚組]
SSD Patriot PH480GPM280SSDR[480GB]
HDD MD04ACA400[4TB 7200rpm]
光学ドライブ PIONEER BDR-TD05(あるものを流用)
      スリムドライブ変換マウンタ HDM-10
      OWLBCPU031(スリムラインSATA変換ケーブル)
電源 玄人志向KRPW-GT600W/90+
グラフィックボード MSi GEFORCE GTX960 2GD5T OC
ケース Sharkoon SHA-MA-W1000

では、各パーツごとに,

・CPU Core i7-6700K 34480(価格.com最安(以下、最安)34679)

Img_2345Img_2348_2jpg

 i7-4771から買い換えるならこれしかないなと。
 出た当初は40000円を超える高値だったのですが、
 だいぶ値段が下がってきました。
 これもシステム更新を考える理由の大きなところでした。

 結果として、直後にKabylakeが出て、そのタイミングで
 旧世代PCは少し高くなってしまったので、
 底値で掴んだことになります。

・マザーボード ASUS MAXIMUS VIII GENE 19800(最安26712)

Img_2334Img_2338

 たまたま、札幌のツクモさんでCPUセット購入で5000円引きセールを
 やっていたこともあり、
 このクラスのマザーがこの値段で手に入るということで
 即決しました。

・CPUクーラー サイズ グランド鎌クロス 4980(最安4377)

Img_2365

 これはもうちょっと値切れたかなと反省。
 今回は選んだケースの関係で、サイドフローのCPUクーラーは
 難しそうだったので、トップフローを選択しました。

 ただ、これ、高さはないけど、幅がかなりデカいのです。
 そのため、あとで示しますが、ハードディスクのセッティングを変則的に
 しなければなりませんでした。
 一応、相性保証もつけていたのですが、
 デザイン自体は気に入っていましたし、とりあえず実用に困らないので
 そのまま使用を続けることにしました。

・メモリ crucial CT2K8G4DFD8213[DDR4 PC4-17000 8GB 2枚組] 7274(最安7855)

Img_2350

 DDR4メモリについての知識が全然なかったので、
 とりあえず店員さんの選択で、コスパのみで選びました。
 あと、大きなヒートスプレッダ付きのオーバークロックメモリだと、
 どうもCPUクーラーに干渉しそうだったので店員さんの選択に従いました。
 容量はとりあえず16GBにしましたが、今のところこれで不足するところはありません。

・SSD Patriot PH480GPM280SSDR[480GB] 27980(最安29800)

Img_2359

Img_2361
 SSDを新調するかは最後の最後まで迷いましたが、
 M.2 SSDやNVMe対応SSDが圧倒的に安くなってきたこともあり
 今後こちらのインターフェースがメインになってくるようなので
 思い切って買い替えました。
 当初はIntelのSSD 750を考えていたのですが、
 それと比べて遜色のない性能の上、
 日本ではまだ無名のメーカーであり、コスパが良好だったので、
 こちらを選びました。

・HDD MD04ACA400[4TB 7200rpm] 10980(最安11170)

 ゴリゴリと音がなり、ちょっとうるさいHDDですが、
 性能とコスパはなかなかに優秀です。
 札幌の自宅のPCにはこれの3TBを入れているのですが、
 今回は4TBの方が容量単価が安くなっていました。

・光学ドライブ PIONEER BDR-TD05[2.5インチスリムドライブ] 流用

 これだけはもともとのmini-ITXマシンから流用しました。
 実はその前に使っていたドライブが不具合を起こし、
 9月に買い替えたばかりでした。
 ただ、これをそのまま使用するために、
 スリムドライブ変換マウンタと、スリムラインSATA変換アダプタを
 購入する必要がありました。

・電源ユニット 玄人志向KRPW-GT600W/90+ 7888(最安8292)

Img_2376

 今回は電源付きケースの交換も伴うので、
 電源も新規に購入です。
 電源もよほどのことがない限りは
 通常売られているもので安定動作に支障があるわけではないので、
 変換効率とコスパと定格容量のみで選びました。

・グラフィックボード MSi GEFORCE GTX960 2GD5T OC 16480(最安25761)

Img_2407
 グラボ選びも迷ったところです。
 今現在、DP対応モニタは所有しておらず、
 とりあえず4Kも使う気が今のところないのですが、
 プロジェクタを使うためにモニタの接続し直しをしたくなかったので、
 HDMIが3系統必要でした。
 しかし、そもそもHDMIを3系統もつマザーボードは存在せず、
 2系統も特殊なものしかほとんどなく、
 (その前に使っていたGIGABYTE H87N-WIFIがその稀有な
  マザーボードでした)
 今回はグラフィックボードを購入することとしました。

 とはいえ、HDMIを2系統持つマザーボードは、
 現世代のGTX 1080、あるいはGT 730とか、
 高価・高性能なものと安価・エントリークラスのものに
 二極分化されていました。
 そこで、ちょっと割り切って、
 旧世代のミドルレンジGTX 960が特価で売られていたので
 これを購入しました。(さすがにGT 730は買いませんでした)
 HDMIは1系統しかなかったのですが、DVI-HDMI変換コネクタを
 もともと所有していたので、それを使用することで
 3系統同時表示を実現することができました。

・ケース Sharkoon SHA-MA-W1000 5480(Google検索での最安6607)

Img_2370

Img_2371

Img_2372

 側面アクリル板つきで光り物つきのMicroATXケースは
 これくらいしか見当たりませんでした。
 今回はやりませんが、将来的に電飾PCにしようと考えているので、
 とりあえず入手したというところです。

・キーボード、マウス、モニタ

 これはあるものを流用しています。

・TVキャプチャボード PIX-DT230-PE0

 これももともと札幌の自宅で使っていたものを流用しました。
 実はもともとI-O DATA社のGV-MVP/XS3を使用していたのですが、
 どうもユーティリティかドライバ、あるいは付属のDVDライターに
 問題があるようで、DVDを焼く際になかなか思う通り動いてくれず、
 まともにDVDにコピーできないことが多かったので、
 札幌の自宅で特に問題なく使えていたこちらのTVキャプチャを持ってきて
 使うことにしました。

(続く)

MicroATXでSkylake機を組んでみる(1)

再び、虫が疼き出した…と言いますか、
PCを新調しなければならない状況になったので、
Skylake PCを作ってみました。

Img_2810_2

Img_2825

その経緯です。
3年前に
http://drsammy.cocolog-nifty.com/otakudrummer/2013/12/mini-itxhaswell.html
でMini-ITX Haswell PCを作成し、職場用として使用していました。

ほとんど軽作業での使用だったので、Core i7-4771はややオーバースペックではありましたが、
プレゼンテーション用のパワーポイント資料の編集などの重めの作業をするときには
(とくに動画埋め込みとか大量の画像を扱う資料など)
さっと動いてくれて本当に重宝していました。

しかしながら、現在の私の職場は、自分のPCの持ち込みでの使用ができないので、
根室に単身赴任となって以来は
これを赴任先の住居でのメインPCとして使用していました。

ケース付属の電源が150Wと比較的このクラスにしては余裕があったはずなのですが、
ここ数ヶ月、アプリの起動時などの高負荷時にモニターの画面が突然何度もブラックアウトしたり、
ついにはPCが落ちることを何度も繰り返すようになってしまいました。

どうも、もともと余裕のない状況で使っていた電源がヘタってきたようです。
大体、こういう電源は24時間365日で動かすようにはなっていないのですが、
TVキャプチャボードを使用してアニメを大量に録画する関係上、
電源を全く切らない状況で使用していました。
一般にPC用電源の寿命は3~5年と言いますので、
おそらくそれがたたって、寿命が早く来てしまったのでしょう。

そこでPCの調整・パーツ交換と思ったのですが、
Mini-ITXならではの、PCI Expressの拡張性の限界であったり、
ケースの大きさから搭載できるCPUクーラーの性能に限界があったりと、
一台のPCで音楽聴いてビデオを裏で録画しながら別の番組やアニメDVDを見つつ、大量の写真の処理や、
車載動画のエンコーディング、講演用のスライドの作成を
同時進行でやるような使い方をしている私にとっては
「電源が貧弱」「拡張性が低すぎる」というのは非常に大きな問題でした。
(一方で、背面USBが充実していたり、マザーボードにWiFiやBluetoothが内蔵されていたり、
 オンボードでHDMI出力が2系統ついていたりと、
 Mini-ITXならではのいいこともあったのですが)

ここで思いつく選択肢としては、

1,省電力CPUへのダウングレード
 →お金のかからないやり方ではあるけど
  そのためにあえてシステム移行の手間をかける
  気にはならず…。

2,ケースと電源のみ交換
  単純にお金がかからないことだけを考えるなら
  これが一番よかったかもしれません。
  将来的なことを考えて、Micro-ATXケース+ATX電源という
  組み合わせでもよかったかもしれません。
  その中に今あるMini-ITXのマザーボードを入れても、別に何の問題もないわけで。
  と、ここで虫が疼いてきたわけです。

3,組み換え。Skylake導入
  PCとマザーボードを変えるだけという手もあるのですが、
  この2~3年で、メモリがDDR3→DDR4に世代交代してますし、
  SSDも、M.2という新たなインターフェースの導入や、
  NVMeといった、新世代の高速メディアも導入されていますし、
  CPUの世代交代を図るなら、
  光学ディスク以外全部交換ということになってしまいます。
  ただ、新世代のCPUもストレージも以前に比べ、かなり安くなってきて
  今(2016年11月当時)を逃すと、更に新世代が出てくると旧世代パーツが
  却って高くなってしまう現象もありますし、為替変動の影響も受けるので、
  このタイミングは難しかったりします。

 で、検討の結果、”順当に”3,を選択。
 最終的に、「何がしたいか」を優先しました。
  

さりとて組み直すといっても、
今、札幌の家に固定で置いてあるATXマシンと同じようなものを作るのでは
大体3年毎の転勤があるような今の私の状況ではさすがに運搬が大変なので、
MicroATXの中でも比較的コンパクトに、でもあえてロープロファイルは選ばない
という方針としました。
あと、自分の中では「電飾PC」「側面透明アクリル板」は譲れないところなので、
それも条件に入れました。

(続く)

2016年の移動軌跡

2016

2016_2
遅ればせながら、昨年1年間のログをアップします。

本当に、
札幌~滝川間の往復と、札幌~根室間の往復以外は、
東京と大阪以外ほとんどどこにも行っていないことがよ~くわかるログです。

道内では、宗谷、後志、檜山には足を踏み入れてさえいなかったのですね。
自分でもびっくりしています。

休日は仕事以外は子供を全てに優先させているので、
もう少しはこういう生活が続きそうです。

それでは、また!

(追記)
仕事で標津や羅臼にも足を踏み入れてはいますが、
当然ログなどはとってないので、これはカウント外です。

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

コメントをいただいた皆様

他のアカウント