« 2016年第3四半期アニメ総括(2) | トップページ | 2016年第3四半期アニメ総括(4) »

2016年第3四半期アニメ総括(3)

前回予告通りもう少しおつきあいください。

 

・この美術部には問題がある!

 

ありがちな学園ラブコメですが、美術部を舞台にしたところが目新しい作品。
ついつい最後まで見てしまいました。

水樹奈々さんが「声優」として出演しているの、
じつは初めて見ました。
ま、それくらいこの世界から離れていたってことで。

舞台は中学校のようですが、このキャラなら高校でもよかったのかなーと。

こういうまったりとした流れの作品も、時にはいいかなと思います。

 

・NEW GAME!

 

全12話1クール。

ゲーム業界を題材にしたお仕事ものです。

「今日も一日、頑張るぞい!」の元ネタと言ったほうが
分かる人がいるかもしれません。

こういう作品は好きで見てしまうのですが、
原作者のポリシーで、「男性禁止」ということで、
主要キャラは全部女性という作品です。

あ、原作者による脚本も1話あって、
お遊びの効いた面白い作品に仕上がってます。

主人公が新入社員にもかかわらずなかなかできた人で、
こんなスーパー新人が欲しい!と思った次第。

原作も買って読みましたが、こういう成長モノは好きなのと、
このあとのストーリーもとても面白いので
是非2期やってほしいなと…。

それなら円盤買え!という声が聞こえてきそうですが…
お財布と相談します………

 

・タイムトラベル少女~マリ・ワカと8人の科学者たち~

 

実在の過去の偉大な科学者を題材にしたアニメ。

主役の2人が「けいおん!」の唯ちゃんとムギちゃんだったりします。
(「スフィア」のメンバーがそろっているという話もありますが、
 すみません…あまり「スフィア」知らないので、ごめんなさい)

この組み合わせだと、やっぱりそういう役回りになるのね、と妙に納得。

科学史については史実に忠実を心がけたとのことで、
子供が見ると(大人が見ても)とても勉強になるアニメ。

なので、地上波で土曜日の朝に放映されてました。

最後2~3回で「敵キャラ」が出てきますが、
このアニメにおいては、敵味方の戦いは本筋ではあるものの
味付け程度と考えて良いと思います。

ただ、敵役が善か悪かと言われれば、まあ悪ということになるのでしょうが、
敵役の理屈にもついついうんうんとうなづいてしまいましたし、
最後は敵役が負けるのですが、まあちょっとかわいそうな結末かなあ…と。

まあ、一応救いも入れているのでそれはそれでよかったのですが…

そして最後の真理がおばあちゃんになって出てきたところ。
違う声優さんを出していたのですが、
あれはそのまま豊崎愛生さんに演じてもらってもよかったんじゃないかなあと
ちょっと思いました。

 

 

というわけで、いいかげん飽きてきたかもしれませんが、
まだ終わりではございません。
まだまだ続きます。

« 2016年第3四半期アニメ総括(2) | トップページ | 2016年第3四半期アニメ総括(4) »

ヲタ関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2016年第3四半期アニメ総括(3):

« 2016年第3四半期アニメ総括(2) | トップページ | 2016年第3四半期アニメ総括(4) »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

コメントをいただいた皆様

他のアカウント