« 閑話休題(3)~電話でんわデンワ | トップページ | 閑話休題(5) 冬道ドライブの魅力 »

閑話休題(4) 旅路にて…

 とっても慌ただしい旅だった。略しちゃいけない学校名を巡るというアホみたいな目的の旅(註・小名浜の第二中学校と、女川の第二中学校をめぐり、校門で写真を撮るためだけの旅。もう若気の至りとしか…汗)もこれから帰路に入る。その行程中、夢について考える時間があったのでそれについて述べる。  この夢のことは今まで照れ臭くて誰にも話せなかった…いや正確に言うと一部のみは本当に親しい友人には話したことはあるけど全部を話した人間は誰もいない。

 今は65歳定年と言われるが、私はそこまで働くつもりは実は毛頭ない。むしろもっと早くリタイアすることを考えている。で、まずリタイアしたら全国の国道と道内の全ての道道を時間とお金をふんだんに使ってうまいもの食べまくりながら自車でゆっくりゆっくり走り回る。いや今も走り回ってはいるんだけど、やっぱり本質的には自己都合で休みなど絶対にとれない仕事だから、すべて細切れ。船でしか行けない離島など夢のまた夢の話。国道58号一気完走とか(註・その後2006年に実現することとなる…)

 それが終わったら倹しく暮らすのかと…そんなわけがない。余ったお金の全てを注ぎ込んでいつもジャズが大音量で流れ、漫画が何万冊もあって、世代間交流も出来る、そんな憩いの場を作る。で名前は「ジャズ&漫画喫茶 光子力研究所」といきたいがそれはさすがに版権の関係で無理だろうから、せいぜい「スイート・ベイジル」か「ブルーノート」くらいにしとくか(笑)…で、防音設備も完備して地元のジャズ愛好家たちと月1回セッションをやる。

 いやそうなるとこれから大変…当然今の仕事をおろそかにすることは絶対にできないし、楽器の演奏の腕も今以下には落とせない…漫画も巷のヲタクたちにひけをとらない知識を得るためにもっと勉強せねば!もちろんお金も貯めなきゃ!まだまだ足りない、全てに足りない!

 なんてこんなことばかり考えているものだから、その時点で結婚、マイホーム、子育てなんて普通の幸せは望むべくもない。大体が自分で稼いだお金は一代限りと思っているから、子供に鐚一文遺そうと考えていない。ただ、夢といくばくかの資料なら遺せるかもしれない。今は父親不在の世の中と言われているから、夢を失いつつある世の中でそういう父親たちの役割の一部なら担えるかなと…ただ実際に家庭に入ったら多分私は減点パパだろうから駄目だろうな、きっと。

 まだまだ勉強しなきゃいかんこと山積、それになにより自分自身が強く夢を見続けていなくてはこの話は成り立たない。何を夢のような話をという向きも当然あると思う。そりゃ当たり前だ、夢なんだから。ただ一歩ずつ着実に近づければいいなと、そう思ってこの異文化交流HPを運営しています。これからも何卒、よろしくですm(__)m

 子供に夢を与え、大人には勇気と安らぎを与え、全ての人たちの癒しとなる、このHPのみならず私の人生の最終目標でもあります。

♪夢がかなうとき それは今日かもしれない 信じていていいんだからね
  (林原めぐみ「Bon Voyage !」より)

(2003/12/21 11:00 仙石線上り車内にて) 

« 閑話休題(3)~電話でんわデンワ | トップページ | 閑話休題(5) 冬道ドライブの魅力 »

閑話休題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 閑話休題(4) 旅路にて…:

« 閑話休題(3)~電話でんわデンワ | トップページ | 閑話休題(5) 冬道ドライブの魅力 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

コメントをいただいた皆様

他のアカウント