« マルヰ食堂(利尻町) | トップページ | ホンネとタテマエ »

2013年、あけました。

2013shougatsu_log

皆様、あけましておめでとうございます。

新年早々、いやはやとんでもない目に遭いました。

本来の予定は、12月31日、職場の島内居残り当番を交代後、1日1本のHAC利尻~丘珠便で離島し、更に丘珠~釧路便に乗り継いで19年ぶりに家内と娘も交えて私の実家で年越し(私自身も利尻赴任後初の帰省)、元旦、2日でゆっくり西に移動、3日のHAC丘珠~利尻便で帰島、と考えていたのですが…

12月31日は大荒れの天気で、HAC丘珠~利尻便は欠航、フェリーも2便あるうちの朝の1便は出たのですが、その後の2便は欠航となり、自宅での年越しを余儀なくされました。まあ、ここまでは島にいる限りとても良くある話なのですが…

翌1日、HAC利尻~丘珠便をとりなおそうにも、空席がないのです。当日あろうことか、HACどこでも5000円セールなどという企画をやっていて、とても混雑していた状態だったのです。

こんな繁忙期にそんな企画やるんじゃねえっ!

という心の叫びが届くわけもありませんが、幸運にもキャンセルが出て、我々一家は無事に利尻島を脱出することができました。丘珠~釧路便は同じようにキャンセル待ちだったようなのですが、利尻空港のカウンターで、

「もう座席はありません!」

といわれてしまい、釧路行きはあきらめ、実家にも今回は帰れない旨伝えてから丘珠まで飛び、降りてすぐに地上係員から声をかけられ、

「釧路行きの便にキャンセルが出たのですが、いかがいたしますか?」

タイミング、悪すぎ。もう、遅いよ…。

で、札幌近辺で2泊することに。

1月3日。天気は全道的に大荒れ。
まずHAC丘珠~利尻便の欠航が決まり、その時点で、翌4日朝まで何とか稚内に到達して、朝のフェリー1便で帰れないか画策。しかし、JRは宗谷本線が全滅。高速バスは札幌のバスターミナルに電話をかけてみるが、何と、

電話に誰も出ない!

しかし、バス会社のHPで調べてみても、正月は電話予約受け付けないなどと一言も書いてないし、時間内だし…
しょうがないので自分の足でテレビ塔下の大通バスターミナルまで地下から歩いていって事務の人を見つけて確認したら、当日バスは悪天候で全滅。翌日のバス1便もすでに満席とのこと。

この時点で4日の仕事はあきらめ、職場に連絡。4日夕方のフェリー2便で帰る算段を建てたが、4日の朝に出るバスもすでに満席。4日のHAC丘珠~利尻便もすでに満席。両方ダメだと帰島は早くとも5日朝、あるいはそれ以降になってしまう…さすがにそれはまずい…。

その時点で3日19:30。ダメモトでトヨタレンタリース札幌駅前店に電話。

「明日の13時稚内乗り捨てで4WDのセダン、1500ccクラス借りれますか?」

…OKでした。


首尾良くレンタカー(アクシオ)を借りて、一路稚内へ。
時間的には頑張れば翌朝のフェリー1便には十分間に合う時間ではあったものの、天候状況を考え、また仮にフェリー1便に間に合っても稚内のトヨタレンタカーが開いていない時間なので車を返却できないので、のんびりと同日1410稚内港発のフェリー2便に乗ることを目標に走った。

さすがに国道275号がやばいという情報は入手していたのでそれは回避。高速も、ETCカードを忘れたのと、あえて金を払って通る意味に乏しく、下道の方が安全と考え、国道12号~40号ベタという経路を選択。途中、三笠~美唄間は吹雪いていたものの、そもそも冬にこの区間を通るとき吹雪いていなかったことがほとんどないので、とくに問題なく通過。
4日午前2時、旭川着。すこし休憩すべく「万葉の湯」に立ち寄り。

午前5時半、「万葉の湯」出発。士別剣淵までは道央道を使用。50km制限ではあったがこの時期にしては快走できた。寝不足なので休み休み北上。音威子府~中川間も吹雪だが、これもいつものことなのでダメージなし。

しかし、幌延から幌富バイパスに入ると事態は一転。バイパスの除雪が全く行き届いておらず、豊富サロベツICで降りて一般道へ。こっちの方がはるかにましではあったものの、そこから先は大雪、ホワイトアウト、強烈な地吹雪、追いつかない除雪で狭くなった道と、慣れないレンタカーで格闘する状況。

案の定、埋まったり、雪山に突っ込んだりして身動きのとれなくなっていた車多数。

さすがにこのレベルになるとよほどの悪路経験と走破性能の高い車でないと危険だ。

とにもかくにも、極度の疲労困憊を乗り越え、1230、何とか無事にトヨタレンタリース稚内店に到着。
そしてフェリー2便に乗り込み、やっとのことで4日中の利尻帰還を果たした。

で、そのまま空港に置いた車を回収して職場直行、仕事が終わって帰ってみると…

なんと、水道凍結・風呂場の蛇口が破裂!

という結末。

町役場の水道係の方、業者さん、休みなのにとんだご迷惑をおかけしました。

この土日で修復が無事終了し、このエントリーをアップしたら先述の「万葉の湯」以来のお風呂に入ろうと思います。

さらに、

帰ってきて風邪をひいたというおまけつき!

いやはや、今年は出だしから波乱続きですが、本年も何卒当HPをご愛顧のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

しかし、北見富士神社に厄払いお願いしなきゃいかんな、こりゃ。

« マルヰ食堂(利尻町) | トップページ | ホンネとタテマエ »

雑記」カテゴリの記事

道的活動報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2013年、あけました。:

« マルヰ食堂(利尻町) | トップページ | ホンネとタテマエ »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

コメントをいただいた皆様

他のアカウント