« 温泉(44) 豊富温泉 ニュー温泉閣ホテル | トップページ | ラーメン(34) 味舞 三日月(利尻富士町) »

北海道の恥

医療の話ではないので、
仕事ブログではなく通常ブログに書くことにします。

http://hoppojournal.sapolog.com/e370397.html

この記者さん。非常に文章がうまいし、緊迫したやりとりが手に取るようにわかります。
記者さんとしての腕がかなり良さそうです。
あまりに腕がよすぎて、自らの非常識すらはっきり晒しているところが笑いを誘いますが、
... 笑ってばかりもいられません。

相手が村上医師だからとりあげたのではありません。

たとえ、相手が「世紀の極悪人」であったとしても、同じです。


医療職にも同じことがいえます。

自らの行動を正義と信じ、それが周囲にどうとられるのかを考えずに行動して
あまつさえそれをblogに書くなどという愚行。
個々の患者の悪口をblogに書いてあげつらう愚かな医師と同レベルです。

自らの職を全うするためなら、何をしてもいいというわけではありません。

他山の医師、じゃなかった。石。

自分も自分の職域のなかで同じような行動をとらないように気をつけなければいけません。

« 温泉(44) 豊富温泉 ニュー温泉閣ホテル | トップページ | ラーメン(34) 味舞 三日月(利尻富士町) »

雑記」カテゴリの記事

コメント

当の本人達はマスコミがマスゴミなんて揶揄される理由が分かってないですもんね。
何度か取材を受けましたけど、イヤな思いをすることも多かったです。

>Hcinmannパパさん

私はこれ、じつは部数稼ぎのための確信犯だと思っています…。会社のサイトの記者ブログですからね。
宣伝になってしまう可能性があるので本当はここに書くかどうかも迷いましたが、まあ明日は我が身でいつ自分も同じ目に遭うかわからないですからね。
夜道と雑誌記者には要注意です。
こちらはこんな小ブログしか反論するメディアを持たないですから。

北方ジャーナルも日経も読売も五十歩百歩。
最近は半導体業界もキツいが、
「打落水狗」を曲解して毎日のように憶測報道垂れ流し。
同じレベルなら東スポのほうが笑えるだけマシかも。

 1つだけ。
 私は「正義」という言葉が嫌いなので、努めて「取材の言い訳」には使わないようにしています。正義を口にした瞬間、本来賎業たる物書きは、腐り始めます。
 ブログのご紹介ありがとうございました。
 ライター・小笠原 淳
 札幌市東区北9条東6丁目2-23-803
 090-8270-1435

>徒野 さま

まあ、東スポはまさに確信犯ですからね…w

>小笠原 淳 さま

ご本人降臨…ということでよろしいのですよね。
住所電話晒していますが一応元ネタブログのコメントの方でも同じようなのでご本人と判断して修正削除はいたしません。

コメントありがとうございました。

そこまで悟られているのであれば、いやむしろ立派です。自らの信念に基づき取材を進められたらよろしいかと思います。

相手が非常識と言って非常識な対応が許される、というのは一部の限られた人たちのみで、そこに営利企業たるマスコミは含まれないと考えています。
もっとも、言論の自由がありますのでそちらで取材された範囲で自由に書いたらよろしいかとは思っています。貴誌の記事はこの記事が出る前から見ていましたが、住民の実名での批判は読むべきものはあるとは思いました。

あちら側はFB、ブログ、ツイッターなどで自前の情報公開をしているので「信頼できない相手」の取材への対応は不要と判断したのでしょうし、それで不足かどうかは見た人間が判断すればよいことです。
ならばブログで非常識をさらすのではなく、雑誌の紙面上に「情報公開が不十分」と書けばよいのではないですか?

…ということです。

村上氏、夕張側については私個人としては自分たちでもビデオ、ICレコーダ設置の上で取材に応じてもよかったのではないかと思っています。私ならそうしたと思いますが、それだけ現在の活字メディアは信頼を失っているという状況だけは覚えておいていただきたいです。

貴誌の取材方法の一端が垣間見える「情報公開」をありがとうございました。私も今後公的立場に立った際には心して用心します。

わざわざご本人に降臨いただき、ありがとうございました。そのスタンスは立派と評価させていただきます。

田舎の政治家相手にインタビュー申込みして、肝心のインタビューが終わった途端に掲載料金を請求するクズ雑誌があります。
自称フリーなクセに他の媒体から一切及びがかからず、クズ雑誌の社会保険に加入しているインチキフリー。

>任意 さま

そりゃ穏やかじゃないですね。
結局何が正しくて、何がダメなのか…
読む方がちゃんと考えを持って判断しないとダメということですね。

そのフリー記者については私は何とも思いません。
マスコミじゃなくたってそんな寄生虫みたいな輩はいくらもいますし、
そもそもマスコミもライターも一民間営利企業であり、一民間人ですからね。

フロント企業も民間営利企業ですし、マルチ商法会社もそうですね。
インタビュー掲載するならまだしも、毎月三十万位個人口座から支払っていた、札幌市内に本社がある女と政治が好きな上場企業の社長を知ってます。

大手新聞記者は広告取れと、営業することはありませんが、クズ雑誌ではインチキフリー記者以外、編集長も含めて営業兼用です。
何が起きるか社会人ならわかります。

インチキフリー記者は片棒を担いで知らんぷり。

管理人様。
 ありがとうございました。
 あんなもの(私の書き込み)放置なり削除しても全然かまわないものを、丁寧にお答えくださってありがとうございます。それだけで嬉しいです。

任意様。
 あなたは、あの人ですね。ヘンな言いようですが、これまた再会できて嬉しいです。伊丸岡さんのところでは書かせて貰えないのですか? ていうか、いつまでも匿名でモソモソ言ってないで、一度一杯やりませんか。別に噛み付いたりしないから。
 私が北方ジャーナルの社会保険に加入していることは、こちらをご覧になってお知りになったのですね。
http://www.youtube.com/watch?v=fXfNZXM8FKo

(管理人様。コメント欄を汚してすみません。ひとつご海容のほどを。あまりにも嬉しかったもので)

>任意 さま

いろいろ情報提供ありがたいのですが、ちと本題とずれてきている気がします。
何度も言うようですが、それらは民間企業である以上当たり前のことであり、読む方はそのくらいは承知した上で記事を読むべきであると申し上げています。
私が商業メディアに正義や公正さを求めるつもりは全くありません。そういうことを求める方が間違っていると思っていますし、偏っていることを前提に記事を読むべきです。

>小笠原淳 さま
ブログのような公的な場所に他人を批判するような文章を書く際は、当たり前のことですが本人が読んでいることを前提に書きます。なので、批判対象からの反論・返答には当然対応するのが意見を表明する以上当たり前と思っています。

 ありがとうございます。
 よく考えたら「削除してもよい」など、たいへん失礼な物言いでした。面目なく、申し訳ないことです。
 ご対応、「当たり前」の由ですが、現実には当たり前のことをできる/している方が極めて少ないことを知っていますので、かなり感動しています。メディアリテラシーについても、まったく同感です。
 今さら望むべくもないことですが、できれば違う形で出会い、いろいろなテーマで議論を交わしてみたかった、と思いました。
 よしなしごと、ご海容に。型通りでなく、ご多幸を祈っています。

小笠原さんへ
どこの誰に言っているのか分かりませんが、そのURLのサイトは先程まで見たことはありません。確認の為に少し観ましたがIWC、主催者がデマ吹きまくっているメディアね。

水に落ちた犬を叩くのは勝手ですが、落っこちてから気張って取材して叩くのは滑稽だね。

管理人さんへ
大変失礼いたしました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北海道の恥:

« 温泉(44) 豊富温泉 ニュー温泉閣ホテル | トップページ | ラーメン(34) 味舞 三日月(利尻富士町) »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

コメントをいただいた皆様

他のアカウント