« 年越し in 北の京芦別(5)(終) | トップページ | 遅ればせながら… »

「寄り添い支える 公立志津川病院 若き内科医の3・11(菅野武著)」読了

えっと、宣伝です。

Nec_0270

震災後に話題になったのでご存じの方も多いとは思いますが、
TIME誌の「世界で最も影響力のある100人」に選ばれた、菅野先生の著書です。

私の大学のサークルの後輩でもありまして、
サークルのOBメーリングリストを通じて
近くの図書館に置いてもらえるようにとりはからってもらえないか…とのことでしたが、
私にはそのような力もツテもありませんので、
ブログでの宣伝といたします。

この震災を「大変だったね」で終わらせてはならない、
震災直後、どういう思いで過ごしたか、
後世に語り継いでいかなければならない、
そういう思いで書きあげたそうです。

震災直後の急性期のみならず、
その後いったん仙台に戻り、産まれたお子さんの無事を見届けたあと、
再び南三陸町に戻った後のことも記述されています。

生き残った人間が何をなすべきか、その一つの答えが記されています。
自分だっていつ同じ立場に立たされるかわからない、その時に
同じ行動がとれるか…そんな思いで一気に読み進めました。

http://www.kahoku-ss.co.jp/yorisoi.html
こちらから購入することができるそうです。

彼自身が生き残った証であるというこの本を、是非お勧めいたします。

« 年越し in 北の京芦別(5)(終) | トップページ | 遅ればせながら… »

雑記」カテゴリの記事

コメント

とりあえず河北新報出版センタにオーダしました。
Amazon でも e-hon (トーハン) でも HonyaClub (日販) でも検索にかからない。
取次の扱いがなくて仙台近辺でしか売ってないのかな。
出版社取り寄せのブックサービス(ヤマト運輸系?)の検索でもヒットせず、
見つかったのはジュンク堂だけでした。
地方でももっと入手しやすいといいのにね。
# 河北新報出版センタの発送連絡メール、女性らしき個人名で送られてきたので、
# ついうっかりスパムと一緒に消すとこだった。

ありがとうございます.
出版社自体はローカルのようですね.
最近,ジュンク堂のインターネットサイトでも買えるようになったのだそうです.
このエントリーを見て,少しでもこの話が皆に共有されるといいなと思っています.

あちこちで検索・オーダできるようになっていますね。
#コメレス不要

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 年越し in 北の京芦別(5)(終) | トップページ | 遅ればせながら… »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

コメントをいただいた皆様

他のアカウント