« 便意リズム…??? | トップページ | 道道67号 八雲厚沢部線 »

温泉(35) 温根湯温泉 温根湯ホテル 四季平安の館

Nec_0155
今回は、雑誌「HO」の無料券使用で行きました。

この雑誌に載っている温泉はまさに玉石混交なのですが、ここは「当たり」と思ってもよいと思います。

この周辺特有の、微妙に硫黄臭のするアルカリ性単純泉でした。
以前に紹介させていただいた「ポンユ三光荘」に似た泉質です。
地理的に近いので当たり前と言えば当たり前ですが。

普通の温泉以外にいろいろ仕掛けがしてあって、
浴室の奥の方には露天風呂の他、麦飯石の湯とか、カバノアナタケ温泉などがありました。
個人的には源泉100%の温泉だけで十分なのですが、バラエティに富んだお湯に入りたい方にはお勧めです。

温泉自体はとてもよかっただけに残念だったのが、泉質表示。

普通の泉質表示があって、そこに北海道のステッカー
「~~~の4項目の該当する部分についての記載を確認しました」
が貼ってあったので、ああ、少し塩素が混じっているか、循環併用しているのかな…
最近は老舗といえど厳しいからな…と思って、その記載を探したのですがなかなか見つからず、
振り返って浴室前の入口の戸の横を見てみると、カバノアナタケ湯はカスの除去のために
循環ろ過を行っておりますとのことでした。

ただ、他の浴槽については、浴槽のところに「源泉100%」と書いてあっただけで、
かけ流しかは確認できませんでした。

まあ、見た目のお湯の湧出量と、常にオーバーフローしているところからは
かけ流しとは思いますが…。

通常の食事は日帰り客には提供されておらず、居酒屋でラーメンを食べて帰りました。

ラーメンはいわゆる「しめラー」としてはすごくいいもので、
くせがほとんどなく万人受けするおいしいものでした。

温根湯温泉利用協同組合で所有する組合1号2号3号の混合泉
アルカリ性単純温泉
泉温 48.9℃(混合槽)
pH
9.1
成分総計 0.343g/kg
アルカリ性単純温泉

カバノアナタケ湯は循環ろ過(カスを取り除くためらしい)
他がかけ流しかは不明だが、循環槽は発見できなかったのでおそらくかけ流しでよさそう。
かすかに硫黄臭あり

大人日帰り入浴 \600

まったり幸せ ★★★★☆

« 便意リズム…??? | トップページ | 道道67号 八雲厚沢部線 »

温泉」カテゴリの記事

オホーツク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 温泉(35) 温根湯温泉 温根湯ホテル 四季平安の館:

« 便意リズム…??? | トップページ | 道道67号 八雲厚沢部線 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

コメントをいただいた皆様

他のアカウント