« 今朝、私の身にふりかかった出来事です…orz | トップページ | ラーメン(18)  みそラーメンよし乃上川店( 上川町) »

温泉(22) 北見温泉 ポンユ三光荘(北見市(旧留辺蘂町))

先週末は(7/9~10)は週末市内待機でしたので,これといった外出はできませんでした.
その上更に風邪をいただいてしまい,そこに更に土曜日の夜間当直が重なるなどいろいろ最悪に近い週末でしたが,それでも当直がたいして忙しくなくて眠る時間が確保できたこともあり,何とか体調は改善しました.

体調が悪いなりにやることがあるかと思い,「涼宮ハルヒの溜息」「先送りできない日本(池上彰)」の2冊を読破.勢いで「原発のウソ(小出裕章)」を9割方読んでしまいました.週末で活字本を3冊読むというのは,本当に久しぶりのことです.もとはそういうこともやっていたのですが,仕事に就いて以来ついぞそんなことは忘れていたというのが正直なところであります.

で,本題の温泉.

本日(7/11,もう昨日ですね…)は4日連続オンコールとそれに続く2日連続オンコールにはさまれた中日で,なおかつ,例によって例の如く,もう恒例と化してしまった妻子不在ということで,そうなるとやることはただ一つ.新規の温泉開拓ドライブ!

本当は温泉のみならず食事も開拓したかったところなのですが,今日は珍しくも仕事が忙しかったので帰りが19時をまわってしまいました.

最初はいつものごとくセトセ温泉を考えていたのですが,これでは間に合いません.

しかし,紋別周囲には本当に温泉らしい温泉と言える温泉はセトセくらいしかなく,頭を抱えていたところ,そうか,別に紋別周囲にこだわらなければ…こだわらなければ…でもさすがに塩別つるつる温泉は遠すぎるし….そうだ,長らく行こうと思っても行くことのなかった名湯「北見温泉」に行ってみよう!ここなら21:30までやっている.

道路地図を見て到達時刻を予想するのは道内ならばほとんど誤差なくできる.紋別~遠軽間が30分,遠軽~留辺蘂が大体40分,じゃあ北見温泉までは70分+αくらいで着く.出発が19:30なら余裕で風呂にゆっくり入れるだろう.急いで出発だ!

目的が決まると行動は早いです.本日は珍しく昼ご飯を食べそびれていた(それだけ忙しかった!)ので,遠軽のセイコーマートでおにぎりを購入.1個食べて再び出発.19:30に家を出て,目的地に到達したのが20:50.おにぎりを食べていた時間を除けばジャストぴったり予測通り!子供が生まれてからわがまま気まま気の赴くままドライブはほとんどしていないにもかかわらず,まだまだ距離と時間の間隔は衰えていないようで少しほっとした.

ログは次の通り.国道ベタで面白くなくてすみません.

Log_110711

で,温泉の紹介.

Nec_0259

外観の写真ですが,夜の訪問で,虫除け対策なのか節電目的なのか外壁は明るくしておらず,こんな感じにしか写真を写せませんでした.

しかし,今回は少し幸運なことに内部写真も撮ることができましたので,こちらも公開いたします.

Nec_0260

お湯の見た目も非常にきれいなのですが,圧倒的なのがその泉質です.

手前の低温湯(ポンユ1号井)と奥の高温湯(ポンユ4号井)の2つです.

両方とも単純泉なのですが,とくに手前の低温湯は,単純泉ながら非常にすばらしい泉質です.もともと38℃と低温なのに加え,お湯自体も非常にまろやかで,長い時間入っていても全然負担になりません.無色透明でほんとうにきれいなお湯で,かすかに硫黄臭がします.もともとはアイヌの人たちが19世紀末ごろに使っていた温泉を,屯田兵入植直後にもらい受けて温泉旅館としてスタートした,その時からずっと沸き続けている温泉なのだそうです.

一方の高温湯もあなどれません.こちらは1978年にボーリングして新たに掘り当てたということですが,掛け流しで十分に湯量が確保できており,温度的にもいい設定(42℃と表示されてましたが,実際にはもう少し低めではと思います)で,こちらも「名湯」の名に恥じないいいお湯です.

2つの温泉を交互に入り比べてしまうと,1号井の温度の低さが目立ってしまうので,まず脱衣室で服を脱いだら身体を素早く洗って,髪は洗わずにすぐ低温湯に入ってしまうといいでしょう.そうすると10分でも15分でも入っていられます.

その後髪を洗って,こんどは高温湯.こちらも高温とはいえそんなに熱くないので長時間入っていてもそんなに身体に負担はかかりません.

それで上がってしまうのはもったいないので,いったん脱衣室に出て扇風機の風を身体に当ててさっと身体を冷やします.で,もう一度低温湯へ.するととても丁度よいのです.そうしている間に残念ながら営業終了の時間が来てしまいましたので,退散となりました.もう少し,もうあと30分でも1時間でも入っていたかった…それだけ良質なお湯でした!

1,ポンユ1号井(低温湯)
アルカリ性単純温泉,自噴
pH 9.5
泉温 36.8℃
成分総計 0.358g/kg

2,ポンユ4号井(高温湯)
アルカリ性単純温泉,動力揚湯
pH 9.5
泉温 40.6℃
成分総計 0.315g/kg

いずれも,もちろん源泉掛け流し

大人日帰り入浴 ¥500
またーり幸せ ★★★★★

大奮発の5つ星をつけてしまいました.これだけ泉質がよければ,例えシューズロッカーが無料(返金あり)なのに脱衣室のロッカーが有料(返金なし)だったり,ロビーのジュース自販機の値段が観光地価格だったりしたからって,そうそう評価がゆらぐものではありません(笑)

シンプルこの上ない温泉ではありますが,いつか,泊まりでゆったり入りたい,そんな温泉です.とくに1号井の泉質は,「最高レベル」と言い切ってもよいでしょう.

紋別から車で70分,また一つ,いいところを見つけました!

« 今朝、私の身にふりかかった出来事です…orz | トップページ | ラーメン(18)  みそラーメンよし乃上川店( 上川町) »

温泉」カテゴリの記事

オホーツク」カテゴリの記事

コメント

 再度ここに行く機会があったので,泉質をきちんと調べなおして加筆修正しました.

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 温泉(22) 北見温泉 ポンユ三光荘(北見市(旧留辺蘂町)):

« 今朝、私の身にふりかかった出来事です…orz | トップページ | ラーメン(18)  みそラーメンよし乃上川店( 上川町) »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

コメントをいただいた皆様

他のアカウント