« 30代後半からの断煙Part 3 | トップページ | 妙にナナメってるトイレ »

30代後半からの断煙Part 4

「離煙パイプ」を使った「喫煙離脱ゲーム」も、9/12にいよいよ31本目の最後のパイプに到達し、さて終了、いよいよ禁煙生活!…と思われるでしょうがさにあらず。
添付のいくつかの紙切れの中に「ニコチン0.1mg以上のたばこをお吸いの方はかならずお読みください」というのがある。よく読むと…

高い確率で離煙を成功させるためには、ニコチン量を0.005mgまで下げないといけない。このため、ニコチン量の多いたばこを吸っている方は31本目まで到達したあとに、ニコチン含有量の少ないタバコに銘柄を変更してニコチン量が同じくらいになるところからパイプの二度使いを始めてください…

という記載があり、私の場合、吸っていたタバコがJPSでニコチン0.9mgだったので、実際にはニコチン量は0.045mgまでしか下がっていないわけで、銘柄をマイルドセブン1、およびラークの1mgに変えて17本目のパイプから再度スタート。

ということになり、9月12日、残っていたJPSが全てなくなってからマイルドセブン1に変更して吸ってみるものの、スカスカとかそういうのではなく、何かが物足りない…。本当にニコチン量が変わっていないのかも疑問に思いつつも、とりあえず「ニコチン離脱ゲーム」なのでルールを守って17本目から後半を開始したが、さすがに銘柄を変えてしばらくの間はJPSに戻りたくて戻りたくてしょうがなかった。ここに慣れるまでの間が実に大変であったが、ここを我慢しなければ「ニコチン離脱ゲーム」はクリアできない。

おりしも、翌9月13日は夏休み旅行への出発日。仕事のストレスから離れた環境でもニコチン離脱は、タイミング的に非常にタイムリーだっただけではなく、心ゆくまでタバコを楽しみつつニコチンを減量できたことが一つの成功要因となったのではないかと思っています。

その道中、というか帰り道で、家内の妊娠を知る。さすがに車内での喫煙は完全にやめざるを得ない状況になって、これは自ら禁じた。
とはいえ、どうしても我慢できない状況のときは窓を全開にして煙が助手席に流れていかないようにして吸ったりもした。さすがにこんなときは自分が嫌になるものです。こういう瞬間に、タバコに支配されている感覚に、つまり自分が「ニコチン依存症」であることを改めて自覚するのです。ここまではほぼ100%ゲーム感覚でやっていましたが、ここで初めて「喫煙習慣を断ち切ろう」と思う強い動機が得られたわけです。
 それとほぼ時を同じくして、一日の喫煙本数も少しずつ減っていきました。ものすごくタバコが吸いたい!と思う瞬間が減ってきたのです。

 何日か、同じパイプを使用していた日もあり、少し遅れて9月29日、31本目のパイプに再び到達。ここでニコチン量は0.005mgに到達したわけで、ほとんどニコチンの入っていないタバコをすっているのと同じ状況なのですが、すでに1日にタバコを10本も吸わない状況になっていたため、最後のタバコがすぐにはなくならなかった。

本当は31日目の午後9時でどんなにタバコが残っていようば、今火をつけたばかりだろうが、きっぱりと喫煙をやめること(それまではパイプさえ使えば自由に喫煙して可)、という決まりになっていたのですが、それでは残ったタバコがもったいないので、20本のタバコを3日かけて吸い、結局10月1日に最後の喫煙。これで私の人生の中での習慣的喫煙は全て終了。

やや予定よりは遅れはしたものの、株式会社マジカルさんの用意してくれた「喫煙習慣離脱ゲーム」は、途中でドロップアウトすることなく、最後まで到達しました。

この時点ではまた新たにタバコがすぐに吸いたくなりましたが、その度に以前に書いたように喫煙衝動に支配されている自分に気づき、すでにニコチン依存は抜けているはずなので、精神的依存であること、それに気づくことによって、今の自分はここでタバコを吸わなくてもいいんだ、という考えに至ることができるようになっていました。ただ、一番大きいのは、「ゲーム」はこれで終わりではなく、「喫煙習慣離脱ゲーム」のextra stageが今も進行していて、ここで喫煙することは、自らこのゲームを終わらせてしまうことになり、負けを認めたことになる。もう少しゲームを続けたい。そういうことで13日たった今でも「喫煙習慣離脱ゲーム」はまだ続いています。せっかくここまで続いたのですから、自らの手でゲームオーバーにしてしまうのももったいないです。

以後、現在にいたるまで1本のタバコも手にしておりません。
先にも書いたように突然吸いたくなることもないわけではないですが、
手元にタバコのストックが全くなく、買ってまで吸いたい…とは思わないようになりました。

今回の断煙が成功かどうかは現時点では判断できません。それは今後、それだけ長い間タバコを吸う習慣から離脱していられるか…というところで決まってくるのではないでしょうか?

ただ、今回少なくとも喫煙習慣からの離脱まで到達することができたのは、単に「離煙パイプ」のおかげではなく、

・ニコチン離脱をストーリーのあるゲームとして楽しめたこと。
・家内の妊娠という喫煙をやめなければならない事情ができたこと。
・ある程度の期間をもってニコチンからの離脱をはかる関係上、実際に喫煙習慣に支配されていた自分に気づく時間が与えられたこと。
・同様の理由で最後のタバコと意識して、喫煙習慣との別れを惜しむ猶予を与えられたこと。
・私が、「パイプの用意など、こんな面倒臭いことまでしてタバコを吸うくらいならすぐにやめた方がましだけど、ここでやめたらゲームとして成り立たないし、短縮して終了するなんて性格上許せない。最後まであえて頑張って吸おう」というような思考回路を持つ人間であったこと。もし中途で喫煙を(離煙の過程を…ではなく)やめていたら、ニコチンの禁断症状からすぐに再喫煙ということになってしまったであろう。
・順番の決まっている物事はちゃんと順番通りにしかも最後まで全部制覇しないと気が済まないという性格上の問題。

ということだろうと自己分析しています。これが当然のことながらみんなに当てはまるわけではないし、喫煙習慣を断とうと思ったときには必ず各々に合う方法がきっとあるはずです。そういう意味で、ほとんど宣伝みたいになってしまった「離煙パイプ」ですが、決して万能ではありませんし、他の禁煙法の方がいい、ということだってあります。

是非これから禁煙しようとしている人は、きちんと自分に合っていて、なおかつ楽しく長く進められる禁煙法を、とおすすめしたいです。

それでは、このシリーズはこれで終わります。
最後まで長文におつきあいくださり、誠にありがとうございました

« 30代後半からの断煙Part 3 | トップページ | 妙にナナメってるトイレ »

禁煙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 30代後半からの断煙Part 4:

« 30代後半からの断煙Part 3 | トップページ | 妙にナナメってるトイレ »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

コメントをいただいた皆様

他のアカウント