ご案内(必ず先頭に表示されます)

ホームページトップ

各地の地方ネタ

石狩空知後志胆振日高渡島、檜山、上川
留萌宗谷オホーツク釧路根室十勝

道外

お食事ネタ

ラーメンその他の麺類麺類以外の食事

音楽関連ネタ

音楽

道路関連ネタ

おもしろ標識・看板その他の危険道的活動報告国道・道道

温泉ネタ

温泉

ご当地ネタ

中標津西紋地区利尻島南空知札幌根室

ヲタ関連ネタ

ヲタ関連

その他のネタ

PC自作雑多な小ネタ禁煙閑話休題雑記

コメント・トラックバックはノーチェックでお受けしますが、公序良俗に反するもの、管理人判断でここに載せることやリンクが好ましくないものは見つけ次第即刻削除します。

中標津の桜

Photo
たまにはほっこりできるネタを…。

第二の仕事場のある中標津で、
お昼休みにパチリ。

嗚呼、哀愁の7700K(2/2)

さて、オーバークロックの結果です。

とりあえず、4800MHzで常用できるかどうかを確認するために、
ベンチマークを回してみることにします。

ここで復習ですが、
CPUのクロックを設定する際には、
ベースクロックと呼ばれる基本となっている周波数を変更する方法と、
CPUクロックを形成するための「クロック倍率」を調整する方法があります。

ベースクロックは定格が7700Kの場合100MHzです。
クロック倍率は定格で42倍、これで100✕42=4200MHzが
定格クロックということになります。
今回はベースクロックはいじらず、
もっぱら倍率のみいじることにします。

MAXIMUS VIII GENE(マザーボード)のデフォルトでは、
倍率は全コア45-45-45-45
となっています。

4545454567
これがそのときの結果です。
なお、4.20GHzと、画像では記載されていますが、
これは定格クロックを表記しているので、
実際は4.5GHzで動いています。

さて、先代6700Kの時はというと…
デフォルト(42-42-42-42)でCPU:839cb
クロックアップ(45-45-44-44)でCPU:935cb

周波数あたりの性能が落ちているのか?
そんなわけはないが…

で、今回のクロックアップ後(49-49-48-48)の成績
あ、今回はCPU-Zの画像もつけておきます。

49x
4949484880136v

前より悪いじゃん!!!

なんで、こんなことに…

おそらく推測するに、マザーボードは旧世代だし、
BIOSがこなれてないのかな…ということと、
前回はほとんど何も入れてない状態でのベンチマークテストだったのが、
今回はフルにソフトもインストールしていて、レジストリも汚れまくりの状態で
やっているので、まあ、その影響かと…思い込むことにしました。
でないと、6700Kは27000円で売れそうなので、差額13000円
ちょっとやってられんです…。

ただ、たったひとつの救いは、
オーバークロック時のベンチマークテストでも
79~80℃くらいまでしか温度が上がらなかったことです。

14nmプロセスの効果なのか、排熱効率がよくなったのか
(CPUファンの径が小さくなっているので、逆に冷却性能は悪化しているはずなんだけど…)
よくわかりませんが、まあ、前よりは熱のことを心配しなくて良い分だけ、
多少はよくなったのかもしれません。
それにしても、ちょっと出費とは釣り合わないが、
ま、それがPC自作ということで…。

そういうわけで、今回は時間もあまりとれず、自分の周囲の状況にも
あまり余裕がない状況なので、これで妥協することとします。

おそらく、次の世代ではチップセットも更新されるのでしょうけど、
とりあえず、今のセッティングで少し使ってみることにします。
(メモリのグレードアップもあるけど、効果はほんのわずかでしょうし)

なんだか、すっきりしない結末で、すみません…。

嗚呼、哀愁の7700K…(1/2)

さて、先週札幌で新世代CPUのCore i7-7700Kが、AMD Ryzenの影響で値崩れを起こしていたので購入した報告をしたところですが、
今週末は根室市内待機だったので、CPU交換をやってみました。

もう結論から申し上げますが、交換そのものは特に問題なくうまくいきましたが、
効果のほどは…ダメでした。

Img_3468_3

交換前の6700K。これから中古市場に出回ることになります。
本当にお疲れ様でした。
いいご主人様に恵まれますように!

Img_3471_3

そして、7700K

Img_3473

装着。
6700Kと7700Kは、ソケットおよび仕様に互換性があるので、
今使っているマザーボードにもそのまま着きます。
OSのクリーンインストールの必要もなく、
本当に付け替えるだけなのです。
なので、作業自体はそんなに問題になることはありません。

Img_3474

前回、電飾PCを作った際に、
グランド鎌クロスのファンの径が14cmというのに騙されて
RIING 14という14cm角の光るファンを買ったのですが、
なんとネジ穴が12cm角という罠。

…で、「タイエース」で固定していたのですが、
ドスパラでRIING 12という同じシリーズの12cm角のファンが安く売っていたので、
買ってしまいました。

見た目をよくしたいと思って光るファン買ったのに、さすがに「タイエース」は
見栄え悪すぎですので…(汗)

Img_3475

CPUが交換されたので、BIOSセットアップをやりなおせとの指示。
とくに問題になるところはないはずなので、
UEFIを開いて、ひととおり確認してOS起動。
これも問題なし。

Img_3477

さて、7700Kは定格クロックが4200MHzですが、
Turbo Boostを使うと、4500MHzまでアップします。
7700Kは4コアCPUですが、本来は4コア作動時には4300MHzで駆動する仕様のはずですが、
今使っている「MAXIMUS VIII GENE」というマザーボードは、
全コア4500MHzにデフォルトで設定されています。
要するに最初から軽くオーバークロックしているような仕様ということです。

いずれにしても、せっかくなのでオーバークロックを試してみます。
ASUSのOCツールの使い良さに慣れてしまったので、
もうこれ一択です。

Img_3481
100MHzずつアップして負荷をかけて問題ないか確認することを繰り返します。
5100MHzでの負荷をかけている途中にブルースクリーンとなりました。

結果、1-2-3-4コア作動時で
4900-4900-4800-4800MHzまでクロックアップできました。

先代の6700Kに比べて、温度の上がり方が緩やかだなと感じました。
もっとも、当代の7700Kは、OC時の温度が上がりやすいという評判なので、
ひょっとしたら、これまでのグリスの塗り方が悪かったとかあったのかもしれません。

Img_3482

電飾は相変わらずです。

(続く)

川口千里さんCD発売記念ツアーin札幌(’17/3/17)でいただいた縁起物

もう1ヶ月も経ってしまいました。

2月にEPJOのコンサートでお世話になった川口千里さんですが、
3月17日に札幌の宮越屋珈琲で、
アルバム”CIDER ~Hard & Sweet~”の発売記念ツアーのライブがありまして、
そちらに行ってまいりました。

川口千里さん(Dr) 、 安部潤さん(Key)、櫻井哲夫さん(B)、 菰口雄矢さん(G)
というメンバーでしたが、
これでもかというくらいの手数でぐいぐい迫ってきて、
とても素晴らしいライブを聴かせていただきました。

Img_3338
で…、実は2月のコンサートでは、私のスネアドラムを使用していたのですが、
今回、ヘッド交換することにしたので、
せっかくなので、千里さんにも叩いていただいた
私のスネアヘッドに、無理を言ってサインをいただきました。

こういうものは、一生の宝になります。縁起物です。

また、一緒に演奏させていただける機会があると嬉しいです。
本当にありがとうございました。

衝動買い…

…でもないですが


Ryzenの登場で随分値崩れしたので。

6700Kもソコソコの値段で売れそうなので、エイヤっと
買ってしまいました。

札幌ではツクモよりドスパラの方が少し安かったです。

来週末は根室で待機当番なので、CPU交換の予定が決定しました。
OC等のレポはまた。

«MicroATXでSkylake機を組んでみた(5)~そして電飾へ~

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

コメントをいただいた皆様

他のアカウント