ご案内(必ず先頭に表示されます)

ホームページトップ

各地の地方ネタ

石狩空知後志胆振日高渡島、檜山、上川
留萌宗谷オホーツク釧路根室十勝

道外

お食事ネタ

ラーメンその他の麺類麺類以外の食事

音楽関連ネタ

音楽

道路関連ネタ

おもしろ標識・看板その他の危険道的活動報告国道・道道

温泉ネタ

温泉

ご当地ネタ

中標津西紋地区利尻島南空知札幌根室

ヲタ関連ネタ

ヲタ関連

その他のネタ

PC自作雑多な小ネタ禁煙閑話休題雑記

コメント・トラックバックはノーチェックでお受けしますが、公序良俗に反するもの、管理人判断でここに載せることやリンクが好ましくないものは見つけ次第即刻削除します。

道東自動車道、由仁~十勝平原間は居眠りに注意!

道東自動車道で軽自動車に乗っていた親子3名が正面衝突で亡くなるという
大変痛ましい事故が起こってしまいました。

https://www.hokkaido-np.co.jp/article/155307

亡くなられた親子3人のご冥福をお祈りいたします。


暫定2車線のトンネル内のドライな路面で、一度壁側に寄ってから急に対向車線に
はみ出してきた状況を考えると、居眠りとしか思えません。


この道東自動車道の由仁~十勝平原間は、いつも単身赴任元への帰省のために
札幌~根室間を往復する私も「鬼門」ととらえていました。


なにしろ、事故の起こった由仁PA~占冠PA間は50km以上離れており、
眠くなったら、むかわ穂別ICか夕張ICで出るしかありません。
しかし、それをやると通行料が余計にかかってしまいます。
だからついつい我慢して頑張ってしまうのですが、
道東道の制限速度は時速70kmですので、単純計算でも
40分以上眠気に耐えて運転しなければなりません。


これが占冠PA~十勝平原SA間だと、58km離れているので
もっとひどいことになります。


せめてこの2区間は、間にトイレだけのものでいいから、PAを作らないと
今後も同様の事故が頻発してもおかしくありません。


この区間で死にたくなければ、トイレと休憩は早めに、
由仁PA・占冠PA・十勝平原SAでは、たとえ疲れていなくとも
必ず休憩をとるようにし、
それでもどうしても眠くなったら、出費覚悟で近くのICから出るべきです。


そして、この2区間の一日も早いPA増設を、切に希望します。

2017年もお世話になりました。

今年もあとわずかとなりました。

ブログのエントリーを見ますと、
温泉がちょっとと、ログ少し、そして音楽ネタ、自作電飾PCネタくらいでしたが、
実際の生活はそれなりに忙しくて
単身赴任らしく札幌と根室を往復する生活の中で、
やれることをやってきたという感じです。
一方で外出ネタが少なかったのは、
本当に札幌~根室間の往復と仕事の出張以外の外出が
ほとんどなかったからです。
そうは言っても、道路ネタも音楽ネタも温泉ネタもラーメンネタも
やめるつもりは全くないので、
またいずれどこかで復活と思いつつ、細々と続けています。
今年はやや消化不良気味ではありましたが、
来年はよりしっかりと自己満足できる年にしたいと思っています。
今年も
本ブログをお読みいただき、ありがとうございました。
それではみなさま、良いお年を!

自作PC水冷化計画…その後(2/2)

承前

Img_5165
中を下から見上げたところです。
ただ、作業中は自分の目線はPCより上になるので、
このCPUクーラーが光っているところは
わざわざ下から覗き込まない限り、見えません。

ここが今回の反省点となるのですが、
他にも光り物のパーツがある中で水冷CPUクーラーを光らせ、派手さを求めるのなら、
ファンではなく水冷ヘッドが光るパーツを購入すべきでした。

とはいえ、もう買ってしまった安くもないパーツですので、1~2年はこれで行きます。

そしてこちらが動画です。まわりの光り物が強すぎて、
せっかくの光る水冷ファンが霞んでしまっています。

そしてここからは、常用OCの限界に挑戦です。

まずは小手調べ
倍率 49-49-48-48 コア電圧1.325V
CINEBENCH 1008  最高CPU温度67℃

さすがは水冷クーラーです。
それだけじゃなく、中をほぼがらんどうにして、エアフローが思い切り良くなったことも
関係しているのかもしれません。

倍率 50-50-49-49 コア電圧1.325V
CINEBENCH 1022  最高CPU温度69℃

まだまだ余裕でいけます。

倍率 51-51-50-50 コア電圧1.325V
CINEBENCH 1042  最高CPU温度74℃
51515050_2
全コア5GHz稼働にも成功しました。
ここから先は証拠写真も添えます。
字が細かいので、写真をクリックして拡大してご覧いただければ幸いです。
そして…

52525151
倍率 52-52-51-51 コア電圧1.325V
CINEBENCH 1052  最高CPU温度 未確認

最高CPU速度が未確認となっているのは、一度目の実験で見た温度を
失念してしまったからです。(確か70℃台前半だったと思います)、
その後この設定では確実にブルースクリーンが頻発するようになってしまったからです。
電圧を少し盛っても駄目だったので、
おそらくはCPUの限界なのでしょう。

その後、ASUSの付属OCソフトで自動OC設定を試みたところ、
51-51-50-50の設定までOKで、52-52-51-51の設定では安定しなかったため、

最終的に51-51-50-50の設定としました。

ここは水冷化の効果は確実に現れており、
5GHz常用が可能であることがわかりました。

内部配線もだいぶすっきりしましたし、当面はこれでいこうと思っています。

OC関係は反省点は全くありません。
満足すべき出来です。

ただ今回は、サイズに制約の多いMicroATXケースであったにもかかわらず
調査不足で臨んでしまったため、サイズ選択ミスという手痛い失敗をしてしまったことは
本当に反省点でした。

ただ、Thermaltakeの水冷ヘッドはとても装着がしやすかったです。
これは特筆すべきことでしょう。

長い文章にお付き合いいただき、ありがとうございました。

それではみなさま、よいクリスマスを!

自作PC水冷化計画…その後(1/2)

 さてみなさま、メリクリです。みなさまいかがお過ごしでしょうか。

 とはいっても、こちらはいろいろな事情があって根室市内待機ですので、
札幌へは戻らず、家族とは別に「シングルベル」を謳歌しております。
 前回、もう散々なことになってしまった自作機水冷化計画でしたが、(そもそもATX仕様の大きなケースなら容易なものでも、MicroATXでやろうとすると勝手が違うということがよくわかりました。
 MiniITXが他のサイズと違うのは当たり前ですが、MicroATXはATXの縮小版だと思ってナメてかかると痛い目を見ます。

Img_5155_3

 結局あきらめきれず、Thermaltake Water 3.0 Riing RGB 240を買ってしまいました。
 前回購入して失敗した水冷クーラー(Thermaltake Water 3.0 Riing RGB 280)の240mm版です。

Img_5154
というわけで分解開始です。

Img_5156

ラジエータのつくスペースです。
ネジ穴は280mm仕様になっているため、見事に騙されました。
いやまあ、騙したわけではないでしょうし、
ただ単にファンを付けるだけなら、140mmを2基普通につけられるのでしょうけれど…。

Img_5157

ラジエータの端がここに干渉してしまったのです。
(写真は240mmでつけなおしたもので、これはちゃんとついてます)
5インチベイの一部なのですが、このケースは5インチベイの取り外しができません。
280mmの水冷クーラーなんて、使いみちがなにもないので、
泣く泣く売却の途を探すことにしました。
ただし、パーツショップではたとえ未使用であっても
CPUクーラーやファンの買取は行っていないし、リサイクルショップでは二束三文です。
家内に頼んでネットオークションに出してもらうことにしました。

 PC自作を始めても10年になるのですが、ここまではっきりした失敗は初めてです。
細かな失敗はある程度はアイデアでリカバリーしてきたのですが、
このデカイパーツについてはもうリカバリーのしようがなかったのですが、
手痛いムダ出費となってしまいました。

Img_5159

Img_5160

写真はThermaltake Water 3.0 Riing RGB 240を装着したところです。
見ての通り240mmでもぎりぎりです。
280mmだと、単に5インチベイに引っかかるだけではなく、
VRMのヒートスプレッダや、写真では陰になっていますが8ピン電源プラグの接続部にも干渉してしまっていました。
それが回避できて本当によかったです。
ただ、この向きだと、冷却水ホースでリアファンが隠れてしまい、ちょっと見栄えが悪いので、

Img_5161

逆向きに付け替えました。

Img_5162
完成後、ケースを閉じる直前の写真です。
電源まわりをなるべく裏に取り回してすっきりさせました。
ただ、水冷ファンの発光操作部についてはちょっとどうにもしようがなくて、
ケース前方にだらんとぶら下げるしかありませんでした。
これは開けたときにすぐアクセスできる場所にないと困りますし、
だからといって付属の面ファスナー(「マジックテープ」というのはクラレの登録商標だそうです。ちょっと余談)は
つけたあとがべとつくので使いたくないですし…。

Img_5164

そして実際の稼働中の写真です。上から見ると、せっかくの発光リングがほとんど見えません。ここは反省点なのですが、光る水冷CPUクーラーに派手さを求めるなら、ファンじゃなく水冷ヘッドが光る方がよりインパクトがあるというのが、やってみて初めてわかりました。(とはいえ、さすがにもう水冷クーラーを更に別なものに買い換えるわけにはいかないので、2~3年はこれでいきます、ハイ…)

長くなってきたので、次に続きます

電飾PC再び。そして、水冷化計画失敗。。。

こちらのエントリー で、
いろいろ予告したのですが、
結局気がついたら2ヶ月経っていました。

実はPC水冷化計画を進めていたのですが、
そのために新たに買ったケースと、なんと水冷クーラーが
干渉してしまい、
PC自作を始めて以来初の、大きなというか、完璧な失敗と
なってしまいました。

Img_4936

このケース、天板に28cmのファンやクーラーがつくという仕様なのですが、
実際にRiing RGB 280という水冷のCPUクーラーをつけようとしたら、
光学ドライブとの干渉はまあしょうがないとしても、
マザーボードや、EPS8ピンプラグとまで干渉する有様で、
あとで調べてみたら、実際は240mmまでしか
水冷ラジエータはつかないんだそうです。
で、前面につかないかどうかを試してみても駄目で、
結局、調査不足だったのですが、
高い授業料となってしまいました。
ま、実質未使用なので、それなりの値段で売れることを祈るのみです…。orz

まあ、これも自作やってりゃ避けられないこととは思いますが、
やっぱり割り切れない部分はあります。
で、一緒に光り物を追加で買っていたので、(これとかこれ
それもつけてみて、
最終形態がこちらです。
電源まわりのケーブルの整理がうまくいかず、やや汚いのですが、
ほかにケーブルを収める場所がないので、ここは妥協するしかありません。
とりあえず、妥協だらけの一品が出来上がりました。
正直「成功」ではないので、公開しようか大変迷いましたが、
まあ、こんなこともあるということで…。

ときどき、電飾PCの何が面白いのか…なんてサイトも目にしますが、
単なる自己満足です!
アホなことを本気出してやるのが趣味ってもんでしょw
しかしながら、今回は完全に完敗です。

«ラーメン(67) ロッキー狩勝店(新得町)

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

コメントをいただいた皆様

他のアカウント