« 【公衆衛生医師のお仕事28】麻しん対応 | トップページ | 枚方市保健所の動画。 »

北海道の保健師募集動画

北海道の保健師募集動画を作ったとのことですので紹介します。
広報広聴課公認の公式の動画です。

「動くよ!広報紙ほっかいどう」No.49 北海道保健師の募集について

興味のある方は動画の最後の方でQRコードが出てきますので
そちらからどうぞ。

« 【公衆衛生医師のお仕事28】麻しん対応 | トップページ | 枚方市保健所の動画。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

>通りすがりの関係者 さま

私は学生時代を「内地」で過ごしましたが、とにかく一刻も早く北海道に帰って働きたかったという記憶しかないです。
もちろん学生生活はとても楽しいものでしたが。

>もちろん有資格者等への呼びかけは大切ですが、たくさんある行政の仕事のうち何がどれだけ大切で、それを行う(守る)ために何にどれだけ(の手間と予算と敬意を)払うか、は、ひとえに住民自治の問題であり、住民への呼びかけも必要と思います。

それ、臨床医時代に何度かやろうとしてことごとく返り討ちに遭った案件です(苦笑)
ただ、諦めてはならないことなので、それこそ地道にやっていこうとは思っています。

どの専門職にも言えることですが、専門技能や技術へのfree rideが横行する風潮を
とにかく何とかしなければならないというのがまず第一かと考えます。

関係者の熱意と手間とそれなりの予算が込められた、さわやかで好感の持てる動画ですね。

ただ、北の大地を離れて久しい私の脳裏には、「毎日 愉快に過ごす街角 ぼくは ぼくは帰れない」という「木綿のハンカチーフ」のフレーズがフラッシュバックします。

さて、公衆衛生に従事する専門職確保の難化については、私を含む先輩世代の責任も含め、ここでは書ききれない(書けない!)くらい複雑かつ複合的な要因が絡みあっているのですが、嘆くだけでは先に進まないので、このようなさわやかな動画を作成するなど、地道な努力の積み重ねはとてもよいことと思います。

ただ、不足しているのは保健師など国家資格所持専門職だけではなく、生活保護などを担当する社会福祉主事や児童虐待に立ち向かう児童福祉司など広義の専門職も同様と拝察します。

もちろん有資格者等への呼びかけは大切ですが、たくさんある行政の仕事のうち何がどれだけ大切で、それを行う(守る)ために何にどれだけ(の手間と予算と敬意を)払うか、は、ひとえに住民自治の問題であり、住民への呼びかけも必要と思います。

厚労省が始めた「上手な医療のかかり方を広めるための懇談会」のように「上手な保健福祉サービスのつかい方を広めるための懇談会」のようなものを国なり地方六団体なりが始めてくれるとよいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北海道の保健師募集動画:

« 【公衆衛生医師のお仕事28】麻しん対応 | トップページ | 枚方市保健所の動画。 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック