« 「寄り添い支える 公立志津川病院 若き内科医の3・11(菅野武著)」 | トップページ | 第17回 札幌GPカンファレンス »

拙ブログにいただいた感想について

これまでのエントリーをお読みいただいて,
twitter上で,RoseShu先生から,とても貴重な示唆に富むメッセージをいただきました.

非常に大事な視点と思いますので,ご本人の許可を得て,転載させていただきます.

ブログ拝読しました。過疎に喘ぐ地域の医療を守る、或いは展望する事は非常に大切な事だと思います。自分も同じ立場ですので。しかしこれは現場の仕事ではなく、都市政策に含まれる仕事。

将来の人口推移を見越し、病院機能分化と集約化、継続可能な福祉政策などは行政の社会的責務です。大概これを放置ゆえに捻れが生まれ現場から意見を発する事になります。当市でもそうです。本日議員さんと懇談しましたが全く医療福祉は分かっていません。

こんな事だから長期的ビジョンなど期待出来ず、将来住民は路頭に迷うことになるでしょう。「福祉こそ市民の権利」とソール市の新市長、まさに地域福祉の将来展望を自治体と共に国が真剣に示すべきと考えます。

えてして,医学部を卒業して,医者という立場,医療という世界にいると,
「命を守る仕事の尊さ」というところ(とても大事ですが)で思考停止してしまい,
医療以外のものに目が向かなくなります.

地域の病院の適正規模,適正な機能という考え方は非常に大切です.
そして,「これ以上はいらない」「ここでストップ」と号令をかけるのも,
地方自治体首長の大切な仕事です.
ただ闇雲に拡大路線を突っ走ればいいというものではありません.

とくに高次医療については隣接自治体と共同してやっていかなければ
ならないことも多々出てきます.今後,地方自治体財政が好転するという
根拠が何もない以上,医療だけじゃなくあらゆる分野での広域連携が
必要になってきます.

地域の医療体制のデザインは,まさにそういった今後の都市政策や都市計画に
含まれるものです.
そう考えると,人口のこれからどんどん減っていく町で,
オラが町の医療だけが拡大路線を突っ走る理由がないわけです.

たしかに高齢者の割合が増えますが,そういう高齢者の全てが高度の医療を
必要とするでしょうか?そうなれば,必要になるのは医療の拡充ではなく,
福祉の受け皿です.これがないと「在宅へシフト」とはいいますが,余りに在宅に傾き
すぎれば,どんどん減っていく労働可能人口の手が自宅介護にとられ,
まちの産業も更に衰退に拍車がかかります.

今後は要介護者の人間性,QOLを損なわない程度に,介護の集約化だって
必要になってきます.
若い人たちには介護に割く精神的,肉体的,時間的負担を極力減らし,
その分しっかり働いてもらわなければ,冗談じゃなく,地域が,日本が潰れます.

その時の私の返事も併せて引用しておきます.

ご指摘の通り地域医療政策というのは「都市計画」の中にしか存在できないと思われます。その中で、どこまでを自治体で支えられるのか、どこから先を近隣自治体に依存するのか、それが実際に可能か、という点の検討が大甘なのです。

更に、それを支援する側の問題もあります。事前検討の甘い構想を支援することは、ある意味これは道税の無駄遣いでもあると思っています。

ただ、これは当地に限った問題ではないのですが、「医師配置計画」は決して「都市計画」の上位に立つものではありません。ところが医療界、各大学医局のみならず、いわゆる「官製医局」と称される我々の部署のようなところでも、そこを勘違いした言動が多々見られるのです。

「医師配置に関する制約」は都市計画の策定にかかわる大切な制限要素ではありますが、決して上位に立つものではありません。地域は、医者が存在するためにあるわけではありません。そこに地域が存在するから医療が必要なのです。ここ、医者を送る方も、送られる医者も意識すべきです。

そう考えると、医師派遣のパラダイムを早急に変えていく必要があるのだろうと思います。限られた社会資源の分配、という大変困難な作業を行っているわけですから.

これに対し,更にRoseShu先生より,私(だけじゃなく多くの北海道の自治医大卒業生)の思いを
まるで代表するかのようなこんな一言をいただきました.

非常に同意します。長期的展望をもった都市政策は病院機能分化や集約にも繋がり、それがあって初めて医師配置が可能となるはず。「ものがあるからそこに行け」では見殺しといっしょ。

私の冗長なコメントをものの見事に吹き飛ばしてくれました.
これは一般の大学医局でも同じ状況があります.
医師配置が先にありき,という考え方でその場しのぎの派遣をされ,
行ったはいいが必要とされているのかわからないとか,明らかに戦力過剰で
わざわざ他地域から手術症例や検査症例,外来患者を「奪って」
きて隣接地域の
医療体制を破滅に追い込む片棒をかつがされるとか,そういう弊害はいろいろあります.

「必要のないものは手放す」

たったこれだけができないために,
地域の現場にどれほどの不条理を生じているか…

そういうことを,医者を送る側も,送り込まれる側も,それを仕切る側も,
きちんと認識してことに当たる必要があると強く感じます.

まあ,医療に限ったことではありませんが.

末筆となりましたが,非常に示唆に富むご指摘をいただいたRoseShu先生.
本当にありがとうございました.
また,何かとご教示の程,よろしくお願い申し上げます.

« 「寄り添い支える 公立志津川病院 若き内科医の3・11(菅野武著)」 | トップページ | 第17回 札幌GPカンファレンス »

”医療崩壊”について」カテゴリの記事

ダウンサイジング」カテゴリの記事

高齢者医療・介護・福祉問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 拙ブログにいただいた感想について:

« 「寄り添い支える 公立志津川病院 若き内科医の3・11(菅野武著)」 | トップページ | 第17回 札幌GPカンファレンス »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック